『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




タグ:Fujinon XF18-55mmf2.8-4R ( 53 ) タグの人気記事



2017年 07月 11日
インドシナ周遊の旅(28)ハノイ(5)ベト鉄(3)ハノイ駅界隈
 
 
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅
 

「千年都市ハノイ」
ついつい来たくなる地 
 
何度か訪れながら何故か、と言うよりむしろ
当然の事ながら、と言うか、観光スポットを
好まない我々としては、やっとそれらしき所
に行くことにした訳だけど・・・

そこは、ガーハノイの線路挟んで西に位置する所で
従って、北回りで踏切などの市井を少し実感しつつ
のんびりと足を進める事としよう

つまり道中は「ベト鉄」主旨、ということか・・・


ガーハノイ駅舎の北側直近の踏切は
Nguyen Khuyen(グェンクェン)通りの踏切になる
私としては、何故かもうそれだけでワクワクしてくる
 
c0122685_1841517.jpg

 
ただ、よく見てみるとその奥に庶民の足「バイク」が踏切上に・・・
c0122685_18412296.jpg

 
この線はハノイ北部に走る魅力ある線だけど
ただ、昼間は渋滞緩和の目的で殆ど走らない
だから、駅構内への鉄の扉も閉められている
c0122685_18414314.jpg

 
鉄の扉はこんな具合で、けっこう重そう
c0122685_2136588.jpg

 
隙間から覗いてみると遠くに駅構内が見えてくる
この先に北及び東線専用の「ハノイB駅」が在る
c0122685_18464555.jpg

 
ふり返って北側、つまりガーロンビエン側の線路脇はこんな感じ
c0122685_1847493.jpg

 
昼間の北や東部へは、この一つ先のロンビエン駅が始発となっている
つまり日中はあまり列車は通らないので、全くの日常の生活スペース
c0122685_18472676.jpg

 
憩いの場、散歩コース、等にもなっているようだ
c0122685_18474514.jpg

 
 
こういう、線路が生活空間になっている事例は
他にもあちこちで垣間見られる、市井の営みだ

今度はこれを4日後、列車側から実感する
非常に貴重な体験をさせて頂くことになる
 
  
 
[PR]

by photoartplan | 2017-07-11 06:42 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 05月 22日
インドシナ周遊の旅(18)マカオ(9)歴史の証人
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅

「マカオ」 初めて訪れた地
ディープに実感したい興味津々の地


ルターの宗教改革からちょうど500年
その対抗宗教改革の思いに突き動かされ
東洋への布教の拠点としてイエズス会が
建てた「聖ポール天主堂」

その遺跡はファサードを残すのみで、それは
意外と薄い壁1枚で、裏から補強されていた
実はこの「薄い」壁の裏手にまわってみると
実に興味深い「厚い」歴史の重層が見えてきた




「歴史の証人」

c0122685_042248.jpg




中央の「聖ポール天主堂」ファサードをはさんで
手前に「ナーチャ廟」1888年 創建の中国寺院が
そしてずっと右奥にカジノ代表「ホテルリスボア」

中世、近世、現代と実にシンボリックに存在し
また、ポルトガル文化と中華文化とが共存する

マカオの歴史が見えてくるアングル
実にマカオらしい、実にマカオを象徴する
歴史の証人達を写し込んだカットだと思う




c0122685_21462.jpg



ファサードの表側は観光客で溢れ喧噪の渦中
一方この裏側は静寂さの中に地元市井の営み


c0122685_221991.jpg


歴史的にマカオが最も華やいだ頃の遺跡の傍で
ひっそりと佇む中華寺院は異文化共存そのもの


c0122685_23063.jpg



c0122685_233037.jpg


世界遺産「マカオ歴史地区」に在るこの「ナーチャ廟」や
ポルトガル人が造った、この高くて分厚い堅固な「城壁
は異文化の「共存と同化」そのもので、まさしく歴史を
物語るとは、この事か


c0122685_235126.jpg





翌朝再訪してみると、幸運にもまだ朝霞が残り
朝の穏やかな静けさの中、市井の営みが感じられた

c0122685_242468.jpg



c0122685_244633.jpg



c0122685_254430.jpg


この旧城壁にはアーチ型の通路がたった一つ在って


c0122685_262247.jpg



この通路越しに霞がかかった遺跡を見ていると
いつの間にか、時代の「遠眼鏡」でぼんやりと
歴史の移ろいが見えてくるような気がしてきた



いつもの事ながら、我々の旅は裏路地、脇道が好きで
一方好まないのは、観光地と人の洪水、というわけで
けっこうその事で、貴重な出会いや様々な実感につな
がっていく、そんなきっかけにもなってきたものだ
今回も、そういう一例になったような気がしている
 
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-05-22 19:23 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 01月 16日
どんど焼き X−Pro2(5)ルポルタージュ
 
「産宮神社」昨日は「どんど焼き」でした
去年は会社行事と重なり大変残念でしたが
今年は初詣、三社参りから祈願できました

世界平和、五穀豊穣、家内安全、無病息災
 
 
「どんど焼き」とは
家内安全等の守り神をお出迎えした門松や注連飾り
正月行事が終わった後は、それらを燃やす炎と共に
見送るという「送り火」を意図した火祭り行事です

こちらでは残り火で餅や団子も焼かれ、ぜんざいや
焼き芋もふるまわれ、ホクホクで非常に美味でした
また、ありがたい事に「かっぽ酒」までも・・・
私は残念ながら車だった為・・・大いに残念無念
(お酒は「剣菱」、さぞかし旨かったでしょう)
 
 
 
 
c0122685_1751284.jpg



「火」が日常から疎遠になっている為なのか
間近にすると非常に熱く、また怖い気もする
いろいろとあった昨年の天災を連想するのか
c0122685_1755186.jpg



「焚き火」の習わしも遠い昔となってしまった
注連縄はやはりよく燃えて、まさに「送り火」
c0122685_1761522.jpg



神社総代の方達のご苦労で、ぜんざいがふるまわれていた
c0122685_1763830.jpg



境内では輪投げ遊びに、親子仲良い微笑ましい姿も見られた
c0122685_177815.jpg



さすがに「子安梅」の花はもう少し先のようだ
c0122685_1773084.jpg



残り火で「焼き芋」も見事にホクホクで非常に美味しい
濡れた新聞紙で包みアルミホイルでくるんで焼いている
c0122685_1775341.jpg



男衆達には「かっぽ酒」、竹の筒燗からは飲み頃の湯気が立ち上がり
c0122685_1781285.jpg



この1年間の「無病息災」「家内安全」を分かち合い、皆で飲み干す
c0122685_1783722.jpg



寒い中、徐々に酔いもまわり始め目も虚ろとなり
互いの苦労をねぎらいながら、そろそろ新年始め
の「どんど焼き」の神事も終わろうとしてきたか
c0122685_1785866.jpg



 
皆様方のこの1年が、どうぞ良き年にならん事を、心よりお祈り申し上げます
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-01-16 17:49 | カラーフォト | Comments(0)


2017年 01月 04日
三社参り
 
今年一年間、家族の無病息災を願い
とりわけ、すくすくと元気に育つ
孫の笑顔に癒される幸せに感謝し
安産祈願からお世話になっている
産の宮神社へお参りしてきました
 
大吉と末吉のおみくじは「子安梅
に心を込めて結んでまいりました
 
 
そして、人災や天災が続かないよう
世界が平和で穏やかになりますよう
手を合わせ祈願してまいりました
 
 
 
「産宮神社」
c0122685_19262293.jpg


 
c0122685_19264969.jpg



c0122685_19273549.jpg



 
「志登神社」
c0122685_19275476.jpg



c0122685_19281481.jpg



c0122685_19283761.jpg



 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-01-04 19:50 | カラーフォト | Comments(0)


2017年 01月 02日
2017年 謹賀新年
 
皆様、あけましておめでとうございます
世界何処でも平和で、穏やかに暮らせる
そんな年になる事を心よりお祈りします
 
 
 
c0122685_1451329.jpg



 
  
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-01-02 01:48 | カラーフォト | Comments(2)


2017年 01月 01日
2017年 くる年 X−Pro2(4)ACROS
 
日が変わって直ぐ
願掛けてきました
ただ一点に向けて
 
  
 
 
c0122685_143531.jpg



 
 
 
(撮影データ)

「潤神社・願掛け」 
FUJIFILM X-Pro2, XF18-55mm f2.8-4
f2.8, 1/60S, ISO12800, ACROS+Y
 
やっぱり粒子がいい!
この粒状感がたまらない
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-01-01 02:04 | モノクロフォト | Comments(0)


2016年 12月 30日
異様な世界

 
 
 
 
c0122685_1422539.jpg



 
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-12-30 23:42 | カラーフォト | Comments(0)


2016年 12月 23日
是「サンデー・ハーフ」
 
朝食をゆったり〜と、いただき
そしてなにげな〜く、カメラを
そしてのんびり〜と、まどろむ
そんな、午前中の至福のひと時
是「サンデー・ハーフ」な日々 
 
 
 
c0122685_132071.jpg



 
c0122685_14331981.jpg



 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-12-23 14:37 | 写真雑感 | Comments(0)


2016年 08月 22日
子安梅から1年
 
「餅踏み」の儀
 
明るく、元気に、健康に

早いもので1歳を迎える
すくすくと成長する姿を
「子安梅」にご報告でき
この上無い幸せを実感し
感謝の念でいっぱいです

 
 
 
c0122685_0173597.jpg


 
 
 
c0122685_018958.jpg


 
 
 
c0122685_0194177.jpg


 
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-08-22 23:56 | 写真雑感 | Comments(2)


2016年 06月 04日
頂き物・たくさんの「梅」
 
義姉からいただいた「梅」
非常に立派な、きれいで
まだ青く無垢でいい香り
たくさ〜ん竹ざる山盛り
期せずして、頂きました
 
 
子安梅」を思い出す
あれからちょうど1年

元気に育ってくれている
感謝の気持ちがこみあがる
感謝の気持ちがてんこ盛り
 
 
 
 
c0122685_20284339.jpg



 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-06-04 18:12 | 写真雑感 | Comments(0)