『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




タグ:Fujinon XF14mf2.8R ( 24 ) タグの人気記事



2017年 05月 22日
インドシナ周遊の旅(18)マカオ(9)歴史の証人
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅

「マカオ」 初めて訪れた地
ディープに実感したい興味津々の地


ルターの宗教改革からちょうど500年
その対抗宗教改革の思いに突き動かされ
東洋への布教の拠点としてイエズス会が
建てた「聖ポール天主堂」

その遺跡はファサードを残すのみで、それは
意外と薄い壁1枚で、裏から補強されていた
実はこの「薄い」壁の裏手にまわってみると
実に興味深い「厚い」歴史の重層が見えてきた




「歴史の証人」

c0122685_042248.jpg




中央の「聖ポール天主堂」ファサードをはさんで
手前に「ナーチャ廟」1888年 創建の中国寺院が
そしてずっと右奥にカジノ代表「ホテルリスボア」

中世、近世、現代と実にシンボリックに存在し
また、ポルトガル文化と中華文化とが共存する

マカオの歴史が見えてくるアングル
実にマカオらしい、実にマカオを象徴する
歴史の証人達を写し込んだカットだと思う




c0122685_21462.jpg



ファサードの表側は観光客で溢れ喧噪の渦中
一方この裏側は静寂さの中に地元市井の営み


c0122685_221991.jpg


歴史的にマカオが最も華やいだ頃の遺跡の傍で
ひっそりと佇む中華寺院は異文化共存そのもの


c0122685_23063.jpg



c0122685_233037.jpg


世界遺産「マカオ歴史地区」に在るこの「ナーチャ廟」や
ポルトガル人が造った、この高くて分厚い堅固な「城壁
は異文化の「共存と同化」そのもので、まさしく歴史を
物語るとは、この事か


c0122685_235126.jpg





翌朝再訪してみると、幸運にもまだ朝霞が残り
朝の穏やかな静けさの中、市井の営みが感じられた

c0122685_242468.jpg



c0122685_244633.jpg



c0122685_254430.jpg


この旧城壁にはアーチ型の通路がたった一つ在って


c0122685_262247.jpg



この通路越しに霞がかかった遺跡を見ていると
いつの間にか、時代の「遠眼鏡」でぼんやりと
歴史の移ろいが見えてくるような気がしてきた



いつもの事ながら、我々の旅は裏路地、脇道が好きで
一方好まないのは、観光地と人の洪水、というわけで
けっこうその事で、貴重な出会いや様々な実感につな
がっていく、そんなきっかけにもなってきたものだ
今回も、そういう一例になったような気がしている
 
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-05-22 19:23 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 05月 21日
インドシナ周遊の旅(17)マカオ(8)聖ポール天主堂跡
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅

「マカオ」 初めて訪れた地
ディープに実感したい興味津々の地


香港返還から今年でちょうど20年
マカオ返還はそれに準じその2年後

そして、ルターの宗教改革がちょうど500年
この区切りの年に、改めてその後の世界を検証
する時(地政学的に)と話題になっているとか


そんな観点で観ていく時、「聖ポール天主堂」は
対抗宗教改革」に突き動かされた東洋への布教
の拠点となる最大のカトリック教会だったわけで
そこへキリシタン禁教令で逃れた「原マルティノ
もファサード建設に携わっている、というそんな
日本との縁深い遺跡であることを知ると、非常に
感慨深く思い巡らされてくる
(原マルティノ司祭は肥前国の出身と知り尚一層)


短い訪問時間の制約と観光客の洪水とで
若干気がそがれ充分に観る事ができなかったが
500年のふり返りのきっかけにしたいものだ



7:30頃、セナド広場から凡そ徒歩15分
向かう道では朝の通学風景、営みが見られる


c0122685_14394980.jpg



c0122685_1562783.jpg





少し小高い丘の為か、幸いにもまだ朝霞が残っていた


c0122685_14402091.jpg





「聖ポール天主堂」跡

c0122685_14403939.jpg







8時前になってくると、早くもどさっと観光客の
一団がいくつも到着してきて、一気に騒々しくなる
もう少し早くに来るべきだった・・・ 逃げ出そう

c0122685_14411595.jpg


c0122685_14413730.jpg


c0122685_1515332.jpg


c0122685_1522439.jpg



昼頃訪れた時の様子、68段の階段も拝めそうにない

c0122685_1524032.jpg


c0122685_155056.jpg


c0122685_1531858.jpg


火災で消失し残されたのはこの壁、ファサードのみ
この裏は鉄骨で支えられているが、実はこの裏手に
まわってみると、非常に興味深い状況が見えてきた

これは次頁で進めていきたい
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-05-21 16:03 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 05月 19日
麦秋 2017
ずいぶんと日が長くなり気が付くと
夏至までもあとひと月あまりなのか
今年は若干時期を逃してしまったが
それでもやはり夕照の麦畑は美しい
 
 
c0122685_15123221.jpg

 
c0122685_1513085.jpg


c0122685_15133114.jpg


c0122685_1514154.jpg


c0122685_15141458.jpg


c0122685_1514351.jpg

 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-05-19 18:02 | カラーフォト | Comments(0)


2016年 11月 27日
「唐津くんち」2016(3)
 
=国の重要無形文化財に指定された他に類を見ない祭り=

豪華な漆工芸作品、14体の「曳山」(ヤマ)と
いなせな出で立ち、羽二重の「肉襦袢」(にくじばん)
笛と太鼓のお囃子、「粋で艶」な祭りを盛り立てる
 
 
「町廻り」3日目最終日は
米屋町通りに14体の曳山が勢揃いする
 
 
 
c0122685_1623654.jpg



c0122685_16392981.jpg



c0122685_16242966.jpg



c0122685_16394596.jpg



 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-11-27 16:29 | カラーフォト | Comments(0)


2016年 11月 17日
「唐津くんち」2016(2)
 
=国の重要無形文化財に指定された他に類を見ない祭り=

豪華な漆工芸作品、14体の「曳山」(ヤマ)と
いなせな出で立ち、羽二重の「肉襦袢」(にくじばん)
笛と太鼓のお囃子、「粋で艶」な祭りを盛り立てる
 
 
 大石町「鳳凰丸」 
「祝」壱百七拾年記念(1846年・弘化3年製作)
 
 
 
c0122685_045367.jpg


c0122685_024429.jpg


c0122685_024565.jpg


c0122685_0252665.jpg


c0122685_0254338.jpg


 
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-11-17 00:31 | カラーフォト | Comments(0)


2016年 09月 20日
ホームページ更新のご案内 唐津くんち2015
 
この時期になってくると
そろそろ今年も「唐津くんち」というところ
去年の分はスライドショー版のみでしたので
HTML 判をアップしておきました

今年はどうでしょうか、観客が多過ぎて
いずれにしても頑張ってみましょう
 
 
c0122685_0551265.jpg
c0122685_2075658.jpg

 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-09-20 01:05 | 写真雑感 | Comments(0)


2016年 05月 05日
台北気儘的散策(3)淡水(3)紅毛城
 
台北近郊の街「淡水」
 
台北から北方面へ地下鉄で約45分
淡水河の最下流、河口に位置する街

その昔、大航海時代の流れの中で
スペインはこの地にも進出し要塞
を築き占領した

この要塞はその後オランダ、清朝
そしてイギリス領事館と領主は変
わるが、これが後の「紅毛城」で
オランダ人=紅毛人の城の意とか
 
河口に侵入する敵を高台から狙う
大砲群の姿はその歴史が偲ばれる
しかし、何故高台の奥まった所に
と思いきや・・・

これら古式大砲群はイギリス人が
その後装飾として持ち込んだとの由
どうりで高台の淵に座ってない訳だ
 
 
今やその敷地は観光スポットとして
学校の遠足授業や結婚式の前撮り等
大いに賑わっている

紅毛城の建物は修復中で見学できず
残念、高台まで上がって来たのに…
  
 
c0122685_13123931.jpg


 
c0122685_14133011.jpg


 
c0122685_19111672.jpg


 
 
 
またこの地は台湾島で一番最初に
西洋文明に触れた地であるわけで

且つ宣教師であり西洋医療、教育
に多大な貢献を果たした馬偕先生
このDoctor Mackay氏の足跡が
この地にはたくさん残っている

この「真理大学」もその一つ
留学生も多い学生の街でもある
 
 
c0122685_19123252.jpg


 
c0122685_1472793.jpg


 
c0122685_19132294.jpg


 
 
馬偕(マカイ)先生の旧居、風情ある雰囲気
カナダから身一つで上陸し、台湾人と結婚し
伝導と医療機関に、そして教育の普及に勤め
その礎を築いていった大きさは計り知れない

 
c0122685_13132449.jpg


 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-05-05 12:51 | 台湾旅情 | Comments(0)


2016年 05月 03日
台北気儘的散策(2)淡水(2)岸辺
台北近郊の街「淡水」

台北から北方面へ地下鉄で約45分
淡水河の最下流、河口に位置する街

その昔、大航海時代の流れの中で
この地にも西洋列強が踏み込んで来た

スペインに始まり、その後オランダが
そして、時代の変遷と共にイギリスと
統治主を変えながらも台湾最大の港街
そして台北に通じる港街として大いに
栄えてきた

しかしその後、河口への土砂の堆積は
大型船の入港を邪魔する事となる
その役は「基隆」へと移っていき
以降は静かに漁村へと変わっていく
 
 
 
 
c0122685_15453045.jpg


 
 
c0122685_23291142.jpg


 
 
c0122685_15461633.jpg




c0122685_14375069.jpg


 
 
c0122685_14403891.jpg


 
 
c0122685_23301366.jpg




c0122685_14345755.jpg


 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-05-03 15:56 | 台湾旅情 | Comments(0)


2016年 05月 02日
台北気儘的散策(1)淡水(1)序章
 
台北近郊の街「淡水」

台北から北へ地下鉄で約45分
15分程で地上に出ると車窓は
プチ旅気分を楽しませてくれる

やがて右手には高層マンション群や
左手には淡水河を眺めながら走ると
もう着いてしまった賑やかな終点駅

台北人にとってはオアシス的な処
平日でも午後からはごった返する
デイトスポットとしても超人気で
美しいサンセットが拝めると有名
 
 
我々はそんな時間帯等は避けて
いくらかでも人気が少ない時に
そして少ない場所を選んで歩く
毎度の事ながらへそ曲りな散策
 
 
 
 
c0122685_1224830.jpg



 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-05-02 23:32 | 台湾旅情 | Comments(0)


2015年 11月 23日
「唐津くんち」2015(11)町廻り(5)曵き納め
 
 
国の重要無形文化財に指定された他に類を見ない祭り

豪華な漆工芸作品、14体の「曳山」(ヤマ)と
いなせな出で立ち、羽二重の「肉襦袢」(にくじばん)
笛と太鼓のお囃子、「粋で艶」な祭りを盛り立てる
 
今年もググッと寄って
人の吐息と街の匂いを
レンズを通し感じたい


「唐津くんち2015」

『 曳き納め 』

唐津くんち3日間の最終日「町廻り」
曳山を神社横の展示場に格納すれば
遂に今年の「くんち」も終了となる
 
神社前を大きく左に向きを変えると
曳山は格納扉を目指し真っ直ぐ進む
いよいよ曵子も囃子も曵き納めとなる
 
 
 
c0122685_18241657.jpg



c0122685_18243896.jpg



c0122685_1825862.jpg



c0122685_18252411.jpg


 
c0122685_18255099.jpg



c0122685_1826456.jpg



  
一番曳山「赤獅子」の曳山小屋(展示場)格納の瞬間です 
 
 
  
[PR]

by photoartplan | 2015-11-23 18:43 | モノクロフォト | Comments(0)