『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




タグ:FUJIFILM X-Pro2 ( 26 ) タグの人気記事



2019年 01月 02日
賀正 2019

謹賀新年
明けましておめでとうございます。
本年も何卒宜しくお願い致します。

今年こそ世界が平和で、穏やかな
年になりますように祈願致します。
 
2019年元旦
 
c0122685_09075444.jpg







by photoartplan | 2019-01-02 23:02 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 05月 29日
Film Simulation「Classic Chrome」

FUJIFILMカメラの最大の特徴の一つに、
Film Simulation」という名の「色再現」の世界がある。
それは文字通り、富士フィルム社が提供してきたフィルム
をシミュレートした仕上がり設定になっており、永年積み
上げてきた写真の「色」のノウハウが凝縮されている。

そんな設定の中の一つに「Classic Chrome」という、
コダクロームを模したような渋い色再現の世界がある。
去年の撮影行「インドシナ周遊の旅」では、私なりに
検証した上で愛機「X-Pro2」の基本設定に選択した。

と言うより、この撮影行でこの設定を使いたく新たに
愛機を手に入れ、その仕上がりを確認した、が正確か。
ちなみに、この設定をまだ搭載していない時代の愛機
「X-100S」は「ProNeg Hi」で対応した。

その出来上がり結果には大満足していて、選択の間違い
はなかったかとホッとしてもいる。やはりドキュメント
タッチのスタンスにはピッタリだった。
その後、日常の基本設定にもしているぐらいだ。

そんな中で、ドキュタッチだけではない表現もできる
ような仕上がりが感じられ、なかなかに面白い。
例えばこの事例、閉校した大名小の校舎を活用した
「官民共働スタートアップ支援施設」を覗いた時の
カットをご紹介しときたい。

この設定には不似合いと思われる、露出補正「+2/3」
で撮っているが、これが意外と穏やかな表現を生んで
いる。いかが感じられるでしょうか?


c0122685_18424688.jpg
c0122685_18424629.jpg
c0122685_18424779.jpg
c0122685_18424765.jpg
c0122685_18424799.jpg
c0122685_18424772.jpg
c0122685_18424740.jpg
c0122685_18424866.jpg
c0122685_18424898.jpg




by photoartplan | 2018-05-29 19:01 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 05月 16日
麦景
 
早いもので春が来たかと思えば、もう5月
あれだけ寒かった気候も、今は盛夏みたい
ちょっと気をゆるめていると、麦穂の色は
残念ながらもう既に「黄色」に・・・・
「青い麦」を撮りたかったんだけどなあ
 
 
c0122685_13040451.jpg

c0122685_13041922.jpg

c0122685_13042972.jpg




by photoartplan | 2018-05-16 22:59 | カラーフォト | Comments(0)


2018年 05月 06日
サンデーハーフ、コーヒーカップ
 
「サンデーハーフ」或るひと時

素朴な味のコーヒーカップ2対
「母の日」にとくれた心尽くし
手作りパンケーキなどを乗せて
昼の軽食にしたコーヒーセット


c0122685_16552825.jpg






by photoartplan | 2018-05-06 17:10 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 04月 05日
桜日和
 
今年は天気に恵まれ
皆さん充分に桜を楽しまれたのではないでしょうか
私も夕方、川のほとりの桜並木を歩いてみました
 
 
c0122685_00173882.jpg


c0122685_00175227.jpg








by photoartplan | 2018-04-05 23:17 | カラーフォト | Comments(0)


2018年 01月 22日
仕事は「一手間」、丁寧な仕事を
 
近くの中華店に行ってきた。一押しは担々麺のようだ。
という事で担々麺を、そして私は大好きな酸辣湯麺を。

(酸辣湯麺 (私の好みでいくと、、、
・お汁が熱々でない
・酢、辛味(辣油)が効いていない
・とじ卵が無い
・とろみ(片栗粉)が無い
・麺がほぐれてない
・細麺の為、徐々に延びてきて、麺の茹で方に難あり

まずい、わけではないが、とりたてて足を運ぶ程の旨さではない。
乱暴に言えば、「まるで生麺」にトッピングをちゃんとすれば、
相対的に全く遜色無い、コスパの点ではこちらでも充分かな、と。

どうも、一手間が感じられない。仕事は丁寧に進めて欲しいもの
だ。どうも満足しない理由はこのあたりにあるようだ。例えば、
麺を湯切りしている途中で手を止めて(私達の)会計をする、、
とか、、、待たせてもいいだろうに、、、、、

仕事は、「一手間」かけるその一手間が格段に結果を引上げる事
になる。細かい最後の一手間に必ず感じ入る人が居るものなのだ。
そして、その一手間こそが相手の琴線をくすぐるものなのでは。

このあたりの一手間、丁寧さが「はまる」になり、リピーター、
「常連」になっていくんでしょうに、、、、、、
なかなか、これは!ここぞ!というものには出会えないものだ。

ひるがえって、写真に取り組む私の人生として、この「肝」の
部分を今後もぶれずに大事にしていかねば、と思うところだ。


c0122685_19010838.jpg

c0122685_19005014.jpg









by photoartplan | 2018-01-22 19:32 | 写真雑感 | Comments(0)


2017年 10月 23日
頭巾のお子達
 
ぽっかり秋晴れ吉日
雨続きも少し一休み

田園の中を遊びながら帰る
頭巾を被ったお子達・三態
どうぞ、すくすくと元気で
 
 
 
c0122685_1318458.jpg
 
 
 
 
c0122685_1318463.jpg
 
 
 
 
c0122685_1318556.jpg
 
 
 
 
 
 


by photoartplan | 2017-10-23 13:57 | カラーフォト | Comments(0)


2017年 09月 24日
インドシナ周遊の旅(58)ハノイ(24)タンロン遺跡
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅
 

「千年都市ハノイ」
ついつい来たくなる地
 
そんな地のいわゆる観光スポット
文廟の他にやっと訪れた所がここ

タンロン遺跡
世界文化遺産に登録された旧ハノイ城の遺跡

「タンロン」(昇竜)は、ハノイの旧名称で
11世紀から、阮(グエン)王朝がフエに移
す19世紀までの約800年間、歴代王朝が
都を置いた

遺跡は発見されまだ日も浅く、今も発掘作業
が進められていて、巨大な写真パネルでその
状況が貼り出されていた  
 
 
 
c0122685_1345214.jpg

 
c0122685_134522.jpg

 
c0122685_14281226.jpg


c0122685_1345180.jpg

 
c0122685_1345047.jpg

 
 
 
 
実は、ここでアクシデントがあって、我が連れ、細君には未だに笑われる。
(連れ合いの不幸を大笑いするとは・・・)

この場面、撮りたいものだと添景を待っていたが、なかなか来ない。しば
ら〜く経ってふり返って見てみると、ノン姿の若い二人が歩き寄って来て
いる。

千載一遇と、若干不安がよぎりながらも、小走りに超急いだ。 案の定、
雨で濡れた石畳の上で、再び泣き出しそうな雲行きの空を凝視するはめに
なってしまった。(私の心も泣き出しそう・・・)

カメラボデーは防いだがレンズフィルターが割れてしまい、しかもはずせ
ない。焦りながらも、仕方なくレンズ交換し、やっとの思いで撮ったのが
このカット。

忘れ難い情けない記憶と今後への戒めとして、連れの勧めでアップして
おきたい。

(旅先での怪我にならず不幸中の幸い)
(転んでもただでは起きないぞの信念)
(連れも助けてくれないぞと自助努力)
 
 
c0122685_1345072.jpg

 
 
 
 


by photoartplan | 2017-09-24 00:05 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 05月 20日
インドシナ周遊の旅(16)マカオ(7)朝靄のセナド広場
 
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅


「マカオ」 初めて訪れた地
ディープに実感したい興味津々の地

生来のへそ曲り的感覚から始めてしまったけど
やはり、本来始めるべき所はここ「セナド広場」

世界歴史遺産の地、非常に石畳の波が印象的で
縦横に波打つモノトーンの絵柄が洒落ている
その「石畳(=カルサーダス)六態」をどうぞ


ただ、有名な観光スポットである為非常に多い
半端ない凄さで、いやんなっちゃう、て感じで
元来、人が多く集まるような所はそそられない

そんな性分で時間帯を変えて訪れてみるるとまた
違った風景が観えてくるところが、やはり面白い
これは、我々の旅のいつものパターンで何がしか
旅のテーマ自体に関わってくる所があったりする
つまり、すんなりいってしまうとあまり拝めない
そんな希少な出会いに自然的必然現象に遭遇する


まあまあ、こんな霧に霞むこの風景はなかなか
見られない、というところで共感して頂きたい
少なくとも観光写真では、というところですが

(朝7時過ぎのセナド広場石畳)
 
 
 
c0122685_19233177.jpg

 
c0122685_19234815.jpg

 
c0122685_19241949.jpg


c0122685_19244294.jpg


c0122685_192553.jpg


c0122685_1925293.jpg



少し脇道に目をやるとこんな小路も

c0122685_19271316.jpg




若干番外編だけど、昼間のこの地はこんな感じの混みようで
人が途切れるのを辛抱強く待つしかなくやっと撮ったカット
でもまあ、ありきたりの観光写真、というところですよねえ

c0122685_19285740.jpg


c0122685_19292430.jpg

 
 
 
 

by photoartplan | 2017-05-20 19:41 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 04月 20日
インドシナ周遊の旅(6)香港(5)バス路線
 
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅

先ずは「香港」の街から
 
 
今回のテーマの一つ
「路線バスの活用」 
 
ネイザンロードを通りたく
スターフェリーバスターミナルで
路線バスの1A番、2階最前席に乗ってみた
旺角(モンコック)辺りで降りようと思っていたけど
プチ旅気分でしばらく乗って少し郊外を見ることにした
こんな時バスの路線というものはもってこいで、市井の
人達の集まりを垣間見る事ができて、賢い方法の一つだ
しかも、コストも非常に安くつく、ただみたいなものだ


c0122685_11193360.jpg

c0122685_11195059.jpg

c0122685_11202297.jpg

ネイザンロードを2階建てバスで走り抜くのは
「おもちゃ箱」をひっくり返した感があり非常に面白かった
が残念ながら今は「これぞ九龍」の大看板の波が見られない

安全の為にと全てが撤去されてしまった
私としてはこうなってしまっては全く魅力が感じられない
何か殺風景な整然と整理された景観になってしまった様で
九龍が何処にでもあるわくわく感の無い街になってしまった

c0122685_1121737.jpg


c0122685_11204212.jpg

もちろん脇に入ればまだまだたくさん残ってはいるし
サイケデリックな建物も見られておもしろいんだけど
やっぱりそれが象徴的だった訳で・・・寂しいもんだ

 
 
c0122685_11212957.jpg


一方通行の道を避ける為大きな2階建てバスを上手に操り
右折、左折を繰り返しながら郊外に向かう道へと出てきた
さすがに郊外になると、比較的新しいアパートが見られる
しかし、いずれもノッポな高層ビルに変わりはない
限られた土地の有効活用とは縦に伸びていく宿命で
ここ香港ではトラムもバスも例にもれずノッポなのだ

c0122685_11235392.jpg

c0122685_1124126.jpg

そろそろと、九龍湾駅で降りると
ここでもまた高層ビル群が空き地を挟みながら天へと伸びている
地下鉄はこの前の駅辺りから地上に出て、この先にもまだ延びている

非常に便利な生活圏、通勤圏と感じられる
ここら辺りでまたバスで折り返すとしよう
c0122685_11243997.jpg

c0122685_112548.jpg

戻りは一方通行の関係で真っ直ぐで行ける
 
c0122685_11253692.jpg

c0122685_11255942.jpg


 
バスの路線のおかげで中心部以外を垣間見る事ができ
漠然とだけど、何か少〜し解ってきたような気がした
 
 
 
 
 

by photoartplan | 2017-04-20 13:32 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)