『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




タグ:������������ ( 191 ) タグの人気記事



2018年 10月 14日
BlogBook「インドシナ周遊の旅」アップしました
 
去年3月、2週間程行った「インドシナ周遊の旅」
半年程かけて綴っていた撮影紀行、63話430頁。
少しだけまとめて、ホームページにアップしました。
My Homepage Gallery C Indochina Round Trip

印刷品質を考慮した為、修正のやり方に不適な点が
あり、不要にファイルサイズが大きくなってしまい
ましたが・・・

よろしければ、お暇な時にでも一瞥下さい。

c0122685_17405613.jpg




[PR]

by photoartplan | 2018-10-14 18:29 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2018年 10月 08日
名古屋「モーニング」文化

名古屋に行った際、ご当地文化「モーニング」を
味わいたく、JR名古屋駅近くの喫茶店を探した。
時刻的にモーニングは食せないだろうなと思いな
がらも・・・

徒歩10分程で着いたモーニング喫茶「リヨン」
いかにも昭和雰囲気を想わせる店名に惹かれた。
ここ、安易に選んだ割に大正解だった。商店街
ではないが、店内はタイルの装飾等あり、懐か
しさを感じつつ、メニューを開いてみると・・・

なんとここは、1日中モーニングを提供してい
た。¥410の飲み物に、6種の中から選べる
プレスサンドイッチが1日中サービスでついて
くる。

野菜サンドは、キャベツのコールスローで大変
美味、パンのプレスは香ばしく懐かしかった。
昔、家でもよく食べていた事を思い出す。IH
にしてからプレス器が使えなくなってしまって。
またどうにか復活させたくなってきた。

お客の皆さんは長居をしているようで、名古屋
の喫茶文化が偲ばれた。私も近頃はこの日本の
地で(ハノイではなく)「サンデーハーフ」の
下、「まったり」と過ごしている。

c0122685_13125456.jpg

c0122685_13123958.jpg





[PR]

by photoartplan | 2018-10-08 14:00 | 旅紀行 | Comments(0)


2018年 10月 03日
留守にした台風

LCCを手配していた為、行かないわけにはいかず、
台風24号の前々日に乗って、翌々日に帰ってきた。
予想進路は日本列島端から端まで強力なまま大縦断。

台風時に留守をするのは非常に不安で、珍しく雨戸
まで閉め、貴重品(防湿庫から大事な撮影機材のみ
カメラバッグに入れ)は2階へと垂直避難させた。

名古屋の孫の運動会を見るためだったが、狙い撃ち
されて延期となった。帰る当日は秋晴れの良い天気
になり、練習を見る事ができてせめてもの救いか。

しかし、幸いにも自宅も名古屋も難も無く良かった。
この頃はおちおちと留守の計画も立てづらいものだ。
もう10月だし、もうこれ以上は来ないだろうねえ。
11月17日にはハノイ行を計画しているが・・・


c0122685_16043295.jpg

c0122685_16043224.jpg

当日は、行きも帰りも秋晴れの爽やかなお天気だった。
お子達の元気で、楽しく「よく食べる」姿に安堵して、
これだけで充分だと想い巡らしながら、家路についた。





[PR]

by photoartplan | 2018-10-03 23:12 | Comments(0)


2018年 09月 22日
撮影行に向けてのレンズ考

今回の撮影行ではこのレンズで攻めていきたい。
Fujinon 50mm f2.0 on FUJIFILM X-Pro2
Fujinon WCL-X100 on FUJIFILM X-100S

前回までは、超広角レンズ Fujinon 14mm F2.8が発売され、
これを採用し大いに活躍してくれた。

今回は、ハノイ(とりあえず)最終完結版として選択したのは、
Fujinonn 50mm F2.0、この中望遠レンズで攻めていきたい。

そして、脇を固めるのは、X100SにWCL-100を付けてワイド
28mm相当で、全体像の押さえとしたい。

これらのレンズで、ハノイの生活がぼんやりだけどなんとなく
しかし、ずいぶんと豊かに見えてくるだろう。

今回は、中望遠(50mm f2.0)ならではの表現に注力していき
たい、と思っている。



c0122685_22000897.jpg





[PR]

by photoartplan | 2018-09-22 22:42 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 09月 09日
ハノイ撮影行 行程プラン検討

撮影紀行展 千年都市ハノイ ベト鉄「沿線模様」
作品制作に変わらず邁進、継続しているところで、

そんな中で、作品完結に向けた最終撮影行11月
の行程プランなど、ぼちぼちと検討し始めた。
今回は諸事情有り、中5日間の短さなので多くは
欲張れない。絞り込まなくては。しかし、これが
検討し始めると、いつものパターンで・・・

c0122685_16590315.jpg





[PR]

by photoartplan | 2018-09-09 17:01 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 08月 15日
「撮影紀行展」考 ベト鉄「沿線模様」

「??紀行展」なるキーワードでググッてみるけれど、
殆ど全ては単なるタイトルなだけで、内容としては何ら
「紀行」というニュアンスを感じられないものだった。

例えば「写真紀行」であれば、いわゆる一般的な「写真
展」であるし、「水彩紀行」であれば「水彩画展」とい
うものだ。

そこで、
私の言うところの「写真展にあらず、撮影紀行展なり」
をどう具現化していけるのか、と思い悩みながら取り組
んでいるところだ。


c0122685_23452975.jpg





[PR]

by photoartplan | 2018-08-15 00:06 | 写真展 | Comments(0)


2018年 08月 13日
栗毛色の髪

酷暑のお盆、遊びに来た孫娘
結わえてもらった栗毛色の髪
いっときもじっとしてないね
ずいぶんとお喋りもするよう
になりましたね



c0122685_23213087.jpg





[PR]

by photoartplan | 2018-08-13 00:10 | カラーフォト | Comments(0)


2018年 07月 10日
写真集「マカオ・スケッチ」仕上がり考(2)

「 Macau Sketch 」
Indochina Round Trip

コスパは非常に高いので、贅沢を言ってはいけない。
しかし、折角なのに、という点でほんの一言だけ。

巻きカバーまで付いているんだけど、これが耐久性
の点で非常に弱い。マット系ペーパーは好み的に良
いんだけど、コーティングが弱いのだろう。すぐに
へたってくる。

そこで、私はブックカバーを作り凌いでいる。これ
で気遣う事なくストレスフリーで持ち運びできる。
何より、自家制のためデザインフリーのところが良
い。これはこれで、また違うバージョンとして楽し
めている。


c0122685_11404317.jpg
表紙表部分

c0122685_11414980.jpg
表紙裏部分







[PR]

by photoartplan | 2018-07-10 23:25 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 07月 03日
写真集「マカオ・スケッチ」仕上がり考(1)

「 Macau Sketch 」
Indochina Round Trip

個展 =撮影紀行=「ベト鉄『沿線模様』の
補完コンテンツとして制作した写真集のひとつ。


仕上がりとしては、まずまず、と言ったところか。
5回目ともなれば色々と見えてきて癖もつかめる
もの。断裁によるバラツキはしょうがないもので、
マージンはもう少し安全率をみた方がベターか。

レーザープリンターだから限界だろうけど、ハイ
ライト域がやはり出てくれない。白トビしている。
この点、対策としてレタッチしてはいたが、まだ
足りなかった、という事なんだろう。

コスパとしては圧倒的に高いので、贅沢を言って
はいけない。発注者側で対策を講じればいい事。

ご参考の為に、前出の元データと見比べてみて
下さい。

c0122685_18121870.jpg



[PR]

by photoartplan | 2018-07-03 17:50 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 07月 01日
写真集「マカオ・スケッチ」完成

個展 =撮影紀行=「ベト鉄『沿線模様』の
補完コンテンツとして計画している写真集のひとつ、
「マカオ・スケッチ」が仕上がって、手元に届いた。


タイトル)
「 Macau Sketch 」
Indochina Round Trip

仕様)
・A5判タテ 142頁 
・無線綴じ、くるみ製本、巻カバー
・レーザープリンター印刷

内容補足)
先に出した「ボウチャイハンのおじさん」を
目次に含め総集編版、的な位置付けとした。

まえがき)

香港 〜 マカオ 〜 ハノイ 〜 ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅


「マカオ」
歴史の重層 と 異文化共存

宗教改革から500年、「対抗宗教改革」の思いに
突き動かされたイエズス会の活動の拠点となった地

その昔小さな漁村だった島、大航海時代に辿り着いた
ポルトガル人が、目の前に在った「航海の女神」を
祀る「媽閣廟」の名前を聞き、この地を「マカオ」
と呼んで、その名を世界に馳せていく      
その時から正しく「異文化共存」の歴史は始まった

そして香港返還が20年前、マカオ返還はその2年後
今や観光立国等により一人当たりGDPは世界トップ
人口密度も世界トップ、教育費は無料
更には医療費も無料で、最長寿国とか

そんな地、初めて訪れた地
ディープに実感したい、興味津々の地




c0122685_16302986.jpg

c0122685_16302931.jpg

c0122685_16302955.jpg

c0122685_16303024.jpg

c0122685_16303095.jpg









[PR]

by photoartplan | 2018-07-01 17:45 | 写真展 | Comments(0)