『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




タグ:風景 ( 40 ) タグの人気記事



2012年 09月 07日
晩夏
夏の終わりの夕暮れ時

まだまだ日中は暑いけど
朝夕は明らかに違ってきた
やっと秋が近づいてきた



c0122685_2254345.jpg




c0122685_22545451.jpg




c0122685_2256372.jpg


[PR]

by photoartplan | 2012-09-07 22:59 | カラーフォト | Comments(0)


2011年 11月 27日
済州島ぶらり旅(1)石と風の島
Asian Wind~
Jeju-do Sketch

アジアの風に吹かれ
チェジュ島ぶらり旅



神秘の島『チェジュド』(済州島)
そこは「石」と「風」の島だった

韓国の「ハワイ」と呼ばれる島
そこはリゾート地であり同時に
火山が作った貴重な自然造形物
韓国唯一のユネスコ世界自然遺産

特徴的な事に、「三多」の島と言われる
「風」と「石」と「女」が多い事を表す

火山が産んだ豊富な玄武岩を使いこなし
強風にさらされる気候風土に立ち向かう
そんな逞しく器用な独自の気質を感じた






c0122685_0271822.jpg








(サングムプリのすすきと石)


基本情報:Wikipedia「チェジュド(済州島)
[PR]

by photoartplan | 2011-11-27 23:50 | Comments(2)


2011年 11月 06日
ベトナムスケッチ あとがき
Asian Wind 〜 Vietnam Sketch

アジアの風につつまれて
ちょっと違った私なりの ベトナムスケッチ



(後書きなど、少しふり返りながら)

実を言うと、今回のこの旅、出発前日まで行こうか行くまいか
非常に思い悩み、自分でもどうしたものかと揺れ動く状態でし
た。出発予定直前の、あの忌まわしい 3.11 天災と人災が私の
心を突き刺したわけです

3年越しの計画と2年越しの休暇予定、各人が粛々と計画を
実行する事も大事、そんな心の整理と周囲の声を聞き、アジ
アの風、ベトナムの豊かさを感じに赴きました

いずれにしろ、そんな中を断行したわけですので、きちんと
総括したい、記録として留めたい、それが私なりの今回の落
とし前の付け方と思いました
また、今回の旅はそれだけの価値ある撮影旅紀行となりまし
た。そんな訳で、このブログを活用して旅記録と感慨を仕上
げようと考えたわけです



「アジアの風」

アジア人として以前から関心はあったわけですが、パリに
行ってよりアジアへの思いが深まったような気もします
やはり親近感というものを求めたのかも知れません
アジアの中ではやはりベトナム、あのベトナム戦争を経験
しながらも逞しい人々、そして自然やアオザイ・・・
是非見ておきたい、そこへ中世の姿そのままの街並、そし
てそこで生き生きと暮らす人達の街「ホイアン」の情報が
入ってきてからというもの・・・


「スケッチ」

本業がサラリーマンの身の上で仮に行けたとしても所詮知
れてる、限界があるわけで、突っ込んだテーマなど無理な
訳で、ましてやベトナム戦争の痕跡など・・・
やはり身の丈に合ったスタンスで、その中で個人的立場の
カメラマンが素朴に感じたものを、感じたままに・・・
そう考えていった時にカメラでベトナムを「スケッチ」
しよう、そんなスタンスで「ベトナムスケッチ」のタイト
ルを選びました


「郷愁の街」

まさしくホイアンは「郷愁の街」でした
初めて訪れる土地なのに、何故か、何処か、妙に懐かしい
そんな感慨を覚える、不思議な雰囲気を持つ所でした
これは、日本人が何かと引き換えに失ってきた、忘れてし
まった、実は大事なものをこの地で思い出すから、なので
しょうか。ファインダーをのぞきながらその奥に見えるの
は、昔の自分がまだ幼い頃見たり、遊んだり、けんかした
りした・・・ そんな情景を見てるような錯覚の世界、懐
かしい世界でした


「時のリズム」

ゆったりとしたリズムで時が流れ、一日一日がせわしなく
ない。ここホイアンで感じたのが、本当に我々日本人は長
生きしているのだろうか?そんな疑問がわいてきました
たとえ時間的に長く生きていたとしても、時の流れ自体が
速過ぎては・・・ 
時のリズムが倍だとすると、彼等の50は我々では100
歳? 体力も続かないし・・・


「優雅な街」

だから、ゆったりと一日一日を実感している、楽しんでる
朝のひと時、夕照のひと時、お茶のひと時、散歩のひと時
けっして物理的裕福さではないだろうけど、豊かなひと時
そんな優雅な人生を過ごしているのではないでしょうか?


「豊かな自然の恵み」

乱暴な言い方は百も承知で言うと、「貨幣経済」をあまり
感じない。もちろん、物理的要求を満たすには貨幣が必要
なんだろうけど、少なくても「食」に関してはなんとでも
なる世界を感じた。日本と違って外での食事が多いんだけ
ど、広い世界でのそれぞれの役割があって、それが素朴に
うまく廻っていて、結果としてみんなで食べているという
世界になっていると感じました。 
金はあまり無くても、なんか喰っていけるんだよねえー

子供も皆で育てている、路上が街のダイニングであり
リビングであり、皆が親であり年寄りで、皆が子供達
そんな世界、でもこんな世界は昔日本でもあったなあ


「花を愛でる国」

花をいたる所で見かけ、街並、家並風景を飾っている
また多くの市場で花売りが広くたくさん陣取っている
これはお供え物として、花を毎朝、毎昼、毎夕、毎夜
つまり四六時中、花をお供えしている為なんでしょう

祭壇、神棚がまたいたる所にあるから、たとえば電柱
あるいは市場の野菜カゴの中、水揚げ岸壁、船の舳先
そんな所まであるから、つまり生活や仕事の営み全般
全てに行き渡り「花」というものが身近な存在として
古くから浸透してきているのではないでしょうか


「最後に・・・」

他、書ききれない程たくさんありますが
一言で言うと、「アジアの豊かさ」
そんなものをアジアの風に包まれて肌で
感じた旅となりました
豊かな水と緑に恵まれた素晴らしい地

今、日本人が問い直さなけねばならない
根本がこの地にはあるように感じました

いつまでも残っていて欲しいものですが
残念ながらこの国に於いても都市部では
既に当然ながら貨幣経済は蔓延しており
現金収入に追われる日々の生活のようで
むずかしい現実世界なんでしょうが・・
どうぞゆっくりしたペースで変わって欲
しいものだと願うばかりです





c0122685_19163870.jpg



「豊かな水の恵み」トゥボン川 
 2011.3.18 07:07:07(縁起のいいシャッタータイムでした)






基本情報:ベトナム  (Wikipedia)
[PR]

by photoartplan | 2011-11-06 23:10 | ベトナムスケッチ | Comments(2)


2011年 10月 26日
ベトナムスケッチ(79)ハロン湾(3)
Asian Wind 〜 Vietnam Sketch

アジアの風につつまれて
ちょっと違った私なりの ベトナムスケッチ


世界自然遺産「ハロン湾」

ハ=降りる、ロン=竜
「竜が舞降りる」の意

奇岩が海面から突き出す
ベトナムきっての景勝地
「海の桂林」と言われる


ハロン湾の観光には一般的なクルーズコースが3つ程ある
4時間コース、5時間コース、そして8-10時間コースなど
いずれも奇岩を眺めながら鍾乳洞や養魚場、水上家屋など
立ち寄るコースと沖まで行く距離など料金が変わってくる
この他に豪華クルーズ船で一泊し夕陽と朝日を拝むコース

結局私の場合はいつもと同じで一般的なコース
などではないちょっと違った選択をしてしまう

はなっから、私の関心事は「水上生活」この一点
一隻の観光船をチャーターし、ハロン湾の奥深く
約2.5時間程、浮き島の水上村を目指しいざ船出




c0122685_16462311.jpg





c0122685_16464923.jpg





c0122685_14463086.jpg





c0122685_16471374.jpg





c0122685_16475410.jpg





c0122685_16481768.jpg





c0122685_14471676.jpg







基本情報:ハロン湾 (Wikipedia)
[PR]

by photoartplan | 2011-10-26 00:32 | ベトナムスケッチ | Comments(0)


2011年 10月 23日
ベトナムスケッチ(76)フエ(13)ティエンムー寺の香川
Asian Wind 〜 Vietnam Sketch

アジアの風につつまれて
ちょっと違った私なりの ベトナムスケッチ


古都・王宮の街「フエ」

ベトナム最後の王朝
「阮(グエン)朝」の都


フエの街をゆったりと流れる川「香(フォーン)川」
その川のほとりに建つティエンムー寺、1601年創建

その境内から見下ろす「香(フォーン)川」は
霧雨の中、まさしく「悠久の地」変わらぬ自然
アジアの豊かさ、そんなものを感じさせられた






c0122685_22172842.jpg







基本情報:フエ (Wikipedia)
[PR]

by photoartplan | 2011-10-23 23:01 | ベトナムスケッチ | Comments(0)


2011年 10月 20日
ベトナムスケッチ(73)フエ(10)ティエンムー寺
Asian Wind 〜 Vietnam Sketch

アジアの風につつまれて
ちょっと違った私なりの ベトナムスケッチ


古都・王宮の街「フエ」

ベトナム最後の王朝
「阮(グエン)朝」の都


フエの街をゆったりと流れる川「香(フォーン)川」
その川のほとりに建つティエンムー寺、1601年創建

その塔は21.24mの七層八角形で、その名はトゥニャン塔
「トゥニャン」とは「慈悲」、「幸福と天の恵み」の意味
フエのランドマーク的な塔で親しまれる存在となっている






c0122685_2031548.jpg






小雨が降り、しっとりと、
雨が似合う古都=「フエ」



基本情報:フエ (Wikipedia)
[PR]

by photoartplan | 2011-10-20 20:38 | ベトナムスケッチ | Comments(0)


2011年 10月 14日
ベトナムスケッチ(67)フエ(4)香川暮色
Asian Wind 〜 Vietnam Sketch

アジアの風につつまれて
ちょっと違った私なりの ベトナムスケッチ


古都・王宮の街「フエ」

ベトナム最後の王朝
「阮(グエン)朝」の都

フエの街をゆったりと流れる「香(フォーン)川」
この大きな川をはさんで旧市街と新市街に分かれる

リバーサイドに建つ「フォーンザン(香江)ホテル」
テラスから望む空と川面は暮れゆく色で一面染まる





c0122685_1144755.jpg





c0122685_115832.jpg





c0122685_1153363.jpg







基本情報:フエ (Wikipedia)
[PR]

by photoartplan | 2011-10-14 00:29 | ベトナムスケッチ | Comments(2)


2011年 10月 11日
ベトナムスケッチ(64)フエ(1)古都の朝霞
Asian Wind 〜 Vietnam Sketch

アジアの風につつまれて
ちょっと違った私なりの ベトナムスケッチ


古都・王宮の街「フエ」

ベトナム最後の王朝
「阮(グエン)朝」の都

歴史のある古都にはやはり
「趣」や「風情」を感じる
「喧噪」とは無縁のようだ


「朝霞」





c0122685_177290.jpg







基本情報:フエ (Wikipedia)
[PR]

by photoartplan | 2011-10-11 23:22 | ベトナムスケッチ | Comments(2)


2011年 10月 07日
ベトナムスケッチ(63)ダナン(7)豊かな緑
Asian Wind 〜 Vietnam Sketch

アジアの風につつまれて
ちょっと違った私なりの ベトナムスケッチ


ダナンとフエの間には
ハイヴァン峠を頂点に
実は峠が他に二つある

登ったり下ったりを繰り返し
北へ約60km程のフエに着く
しかしその間こんな爽やかな
豊かな緑に遭遇する事になる

峠から見下ろして
「うわあ〜〜〜」
感嘆ひとしきりで
しばし口が開いたまま




c0122685_084878.jpg





c0122685_092133.jpg





c0122685_094858.jpg





c0122685_0101342.jpg







このフエとダナンを結ぶ道は、その昔
「マンダリンロード」と呼ばれ有名だ
上級官吏(=マンダリン)を目指して
フエの受験に上京するため造られた道

とナショナルジオグラフィック誌の
「トラベラー」で仕入れていたので
現地の超優秀なガイド=フンさんに
投げかけてみると話が通じなかった

えてして海外旅情報というのは
こんな状況は確かに多いものだ

しかし、少なくとも明確に言えることは
この道は最高に美しいドライブロードだという事
駆け足だった事が今となっては非常に悔やまれる


基本情報;ベトナム「ダナン
[PR]

by photoartplan | 2011-10-07 00:26 | ベトナムスケッチ | Comments(2)


2011年 10月 01日
ベトナムスケッチ(61)ダナン(5)ランコー村
Asian Wind 〜 Vietnam Sketch

アジアの風につつまれて
ちょっと違った私なりの ベトナムスケッチ


(前回より続く)

ベトナムの分水嶺 =ハイヴァン峠=

そして、その中腹から見る事ができる
鳴き砂の白砂ビーチ =ランコー村=




c0122685_21583068.jpg





c0122685_2159997.jpg





c0122685_21593217.jpg






東に南シナ海
西は干潟の入り江
そんな具合に突き出た岬

その東側が鳴き砂で有名な白砂ビーチ
ヤシの木と真っ白な砂浜に囲まれた村

この美しい自然風景はトンネルルートでは見られない
このハイヴァン峠越えルートでしか拝む事はできない

今回の旅の目的の一つにこれを入れない訳にはいかない
たとえ、峠越えルートに山賊出没の噂情報があろうとも


ご参照マップ:ランコー村、ランコービーチ、入り江、他

c0122685_22461380.jpg




基本情報;ベトナム「ダナン
[PR]

by photoartplan | 2011-10-01 22:08 | ベトナムスケッチ | Comments(0)