人気ブログランキング |
『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)







exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




タグ:菊池人 ( 1 ) タグの人気記事



2014年 06月 06日
「祈りと微笑み」の地 ラオス・ルアンプラバーン(49)ラオの菊池人
 
   Laos Sketch
 「祈りと微笑み」の地
ラオス・ルアンプラバーン

大河メコンの上流に位置する悠久の古都
その地の日々は祈りと微笑みではじまる
  
 
 
【 ラオの菊池人 】

世界文化遺産の街
ルアンプラバーン
この地を遂に離れる時が来た
17:50 夕照のカーン川を渡る




c0122685_22443611.jpg







しかし、神は仏は最後まで我々を楽しませてくれた
なんと、空港まで送ってくれた日本語ガイドさんが
その昔、九州は、熊本は、菊池に居たというラオ人
菊池のタイ料理屋で2、3年程働いていたという経歴
日本語は流暢で、日本の習慣も食べ物も好きという
和の心も理解する、正しく「ラオの菊池人」だった

まさかこんな所で「菊池」という単語が出てくる等と
誰が予想しようか、いや誰もする筈がない(反語表現)

当然のことながら、話が弾むのなんのって
そんな中から軽く2点のみご紹介しましょう


(先ずは第1弾、軽く・・・

(彼曰く)
菊池からこちらに帰ってきてしばらくして
西洋人向けの英語ガイドをやっていたらしい
しかし、その我がままさ加減が半端ではなく
外国人として知る「日本人」と比べ余りにも
傲慢で当然の事のような振る舞いに耐えられ
なくなって、それで辞めたんだと
それで、客は少ないけど日本語ガイド、だと

(私ら曰く)
そうなんだよね、昨日もこんな事があって・・・
バッパーらしき男性若者2人がメコン川沿いの食事処で
メニューを持って来させて片言説明を聞いた上で、1人
がラオコーヒーを頼んだ、しかしそれを少しだけ飲んで
何か違うものが来た、風のことを言って返していた
しかし一部始終を見ていた私らはちゃんと知っている
メニューには英語で品名が記してあり、しかも写真付き
だったという事を・・・

(彼曰く)
それよくある事、そしてその位は日常茶飯事とか・・・



(さあ次は第2弾、これまた軽くいかないと・・・
(この話がシリーズ冒頭に「最後で」と予告していた件

(彼曰く)
「もっとひどいのは、中国人なんですよお〜〜」
近頃はあちこちに化学肥料を商売に来てるらしく
ドカドカと入り込んで来て節操ない事甚だしいとか
皆んな迷惑しているけどお構い無しだとか・・・

そして、ここの空港は中国援助で建てたものらしい
しかしオープンにやっと間に合ったけど、中の設備
がうまく稼働せず、大騒ぎで大変だったとか・・・
「日本人だったらそんな事ないですよねえ〜〜」
どうせまた見返りを要求してくるんじゃないかと・・
「日本に建てて欲しかったですね〜〜」
日本人はちゃんとわきまえているから、奥ゆかしいから

(極めつけに彼曰く)
「もう中国人には観光に来て欲しくない!」
と真剣に真顔で訴えていた・・・


最後の最後に
「菊池の人、最高!」と言う「ラオの菊池人」
に会えて本当に有意義な締めくくりとなりました



c0122685_22532873.jpg


 
c0122685_2254015.jpg 



c0122685_22542146.jpg  

 



 
機材:FUJIFILM X100S(23mm f2.0)




【基本情報】
●Wikipedia ラオス
●Wikipedia ルアンプラバーン
●旅行のとも ラオス河川地図
●旅行のとも ルアンプラバーン気温
 
 
 
 

by photoartplan | 2014-06-06 22:54 | ラオススケッチ | Comments(2)