『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




タグ:台北 ( 35 ) タグの人気記事



2015年 06月 21日
台北旅情(8)九份
 
Taipei Sketch
 
台北郊外の山あいの地「九份
今や台湾旅行の定番となっている

想定して行ったとはいえ遥かに超越し
朝から夜まで人、人で「ごった返し」
尋常ではない、満員電車状態が続く
うんざりして、民宿の近辺でのんびり

活動は観光客が居なくなった夜中と
そして、早朝のわずかな数時間だけ
嘘のように静かな落ち着いた空気感
に身を置き、やっと気が晴れたけど
「朝霧」で霞む風景が拝めず残念
 
 
 
c0122685_22323199.jpg


 
 
c0122685_2233860.jpg




c0122685_22344714.jpg




c0122685_22351998.jpg




c0122685_2236172.jpg




c0122685_22363389.jpg



by photoartplan | 2015-06-21 23:12 | 台湾旅情 | Comments(2)


2015年 05月 17日
「食こそ生命」台北旅情(7)小龍包
 Taipei Sketch 
 
=「食こそ生命」台北旅情= 
 
 
「小龍包」
 
 
c0122685_1171838.jpg


 
 
 
台湾と言えば、やはり小龍包
何処で食べてもハズレが無い

ここのは煮こごりが入っていて
全てジューシーこの上無いお味

これは「ヘチマとエビ」の小龍包
非常に上品なあっさりしたお汁と
ヘチマのサクサク感とエビのプリプリ感
これが絶妙でペロリ食べてしまいました
 
 
c0122685_2275922.jpg


c0122685_2284234.jpg


c0122685_2291733.jpg


c0122685_2294180.jpg


 
 
 
  
 

by photoartplan | 2015-05-17 22:31 | 台湾旅情 | Comments(0)


2015年 05月 10日
「食こそ生命」台北旅情(6)胡椒餅

 Taipei Sketch 
 
=「食こそ生命」台北旅情= 
 
 
「胡椒餅」
 
 
c0122685_137750.jpg


 
 
 
洋胡椒がよく効いたお味で非常に美味でした
窯で焼いて香ばしく食感がさくさくしている

中にはたくさんの豚肉を入れて
これでもかと言う位力を入れて
ねぎを押し込み詰め込んでいる

従って、1個で充分に満たされる
これで、1個50元=200円也
大変気に入って土産にも持ち帰り
トースターで焼き直し充分でした
 
 
c0122685_138266.jpg


c0122685_1385536.jpg


c0122685_1391349.jpg


c0122685_139466.jpg


c0122685_142987.jpg


c0122685_1402227.jpg


 
 
 

by photoartplan | 2015-05-10 02:13 | 台湾旅情 | Comments(0)


2015年 05月 06日
「食こそ生命」台北旅情(5)豊富な総菜(4)素食(2)

 Taipei Sketch 
 
=「食こそ生命」台北旅情= 
 
 
(前回から続く)
その「素食」のお惣菜あれこれ
目と心をわしづかみにされてしまい
折り箱に入れてもらったのがこちら
 
そして食べた所は出国前に空港のフードコートで
お味はどれも薄味で上品で美味、気に入りました

しかし台湾の食は、これに限らずどれも
意外としつこくなく、あっさりしたお味
この点でも日本人の舌によく合うようだ
 
 
 
c0122685_199476.jpg


c0122685_1993437.jpg


c0122685_1995058.jpg


 
 
 
 

by photoartplan | 2015-05-06 19:22 | 台湾旅情 | Comments(0)


2015年 05月 06日
「食こそ生命」台北旅情(4)豊富な総菜(3)素食(1)
 
 Taipei Sketch 
 
=「食こそ生命」台北旅情= 
 

見た目も非常に美しい
目でも味わえるお惣菜
目が釘付けになりました
 
 
こちらもお惣菜の弁当屋さん
しかしこちらの総菜は「素食」
菜食料理の事で肉は全く無い
日本で言えば「精進料理」か

台湾では宗教上(仏教とか)の制約や
「医食同源」の考え方や、健康志向の
流れで近頃は特に増えてきているとか

肉料理などに疲れてきたらこんな物など
旅行者にはもってこいではないだろうか
とにかく、豊富な種類の選択肢には驚く
 
 
c0122685_17363483.jpg

 
c0122685_17343539.jpg

 
c0122685_1740037.jpg 


c0122685_17403229.jpg 


c0122685_17405650.jpg 


c0122685_17415556.jpg 

 
 
 
 
 

by photoartplan | 2015-05-06 18:36 | 台湾旅情 | Comments(0)


2015年 05月 06日
「食こそ生命」台北旅情(3)豊富な総菜(2)
 
 Taipei Sketch 
 
=「食こそ生命」台北旅情= 
 
 
私の連れが勝手に名付けた「弁当横丁」 

広い通り沿いの長〜く続く軒下に食べ物屋が連なる
そして、そこから入り込むある路地に目をやると
そこにはまたまた、お総菜弁当屋が連なっている

つまり、色んな食べ物屋が、文字通り「色とりどり」と
ここかしこ、至る所に在ってそれぞれが大繁盛している

こんな様を見せつけられると、台湾のGDPは
庶民の旺盛な「食」そのものが担っているのでは
そんな乱暴な実感が沸々と湧いてきてしまう

この「食文化」に、「脱帽!!」 
 
 
c0122685_121484.jpg

 
c0122685_122505.jpg

 
c0122685_123726.jpg

 
c0122685_13274264.jpg

 
c0122685_127286.jpg

 
c0122685_1210166.jpg

 
c0122685_12102180.jpg


 
(台鉄台北駅のすぐ南、二二八平和公園に至る「公園路」沿い) 
 
 
 
 
 

by photoartplan | 2015-05-06 13:10 | 台湾旅情 | Comments(0)


2015年 05月 06日
「食こそ生命」台北旅情(2)豊富な総菜(1)
 
 Taipei Sketch 
 
=「食こそ生命」台北旅情= 
 
 
お昼時とはいえ、大繁盛
この圧倒されるパワーに
わくわくもしながら暫し
興味津々でレンズを向けた 
 
 
ここは基本的にはお弁当屋で
紙の折り箱にお好みの総菜を
「指し示し」で入れてもらう

その総菜の種類が半端ではない
にもかかわらず迷う風でもなく
あっという間に進行していく

そして、持ち帰って職場などで
あるいは、店内や店先で食べる 
 
こんな所が何処にでも
至る所に見受けられる
これが台北なのか?!
   
 
c0122685_021490.jpg


 
c0122685_045353.jpg


 
c0122685_051546.jpg


 
c0122685_053796.jpg


 
c0122685_06042.jpg


 
c0122685_064551.jpg


 
c0122685_062482.jpg


 

 
 

by photoartplan | 2015-05-06 00:35 | 台湾旅情 | Comments(0)


2015年 05月 01日
「食こそ生命」台北旅情(1)プロローグ
 Taipei Sketch

=「食こそ生命」台北旅情=
 
 
 
c0122685_0434216.jpg


(烏龍茶など薬草で煮出すゆで卵「茶葉蛋」、於台北九分)



圧倒されるまでの「食」の洪水
これ程までに幅広く奥深い「食」
への欲求があるものだろうか!
他の地ではなかなか見られない
例えば欧州等とは格段の違いだ

至る所に食べ物屋が連なり
どの時間帯も客が大勢入り
時には長い行列を成している
外食文化であり、持ち帰り文化
何でもテイクアウトしてしまう
「内食」とか「外食」とかいう
概念などが無いのかも知れない

この食文化
ここまでどのようにして
形成されてきたのだろうか
いつも感じるところは
アジアの食文化の「豊かさ」

自然の恵みはもちろん
雨、水、湿度・・・・
そんな要素がもたらす
食材の豊かさを感じる

カラッとした空気感より
しっとりとした空気感が
近頃は年の為か好まれる
潤いは優しさを実感する
 

さあ、そんな豊かな「食」を切り口に
久方ぶりに訪れるこの地を感じてみたい
つかの間、お付き合い頂ければ幸いです
 
 
 
 

by photoartplan | 2015-05-01 00:55 | 台湾旅情 | Comments(2)


2006年 12月 17日
台北 行天宮の柱
 
c0122685_0593182.jpg

 
Nikon D200 SIGMA12-24mm
 
超広角でグググッと寄って撮ったカット。
 
 
 
 

by photoartplan | 2006-12-17 22:58 | 台湾旅情 | Comments(0)


2006年 12月 10日
台北「中世紀念堂」をも飲み込む逞しさ
 
c0122685_036331.jpg

 
c0122685_0364523.jpg

 
c0122685_0374125.jpg

 
c0122685_0381130.jpg

 
Nikon D200 SIGMA12-24mm, Nikkor18-200mmVR
 
 
台湾人はたくましい、しぶとい。
過去、あれだけ痛めつけられたあの蒋介石の記念広場を、
今はしっかりと自らの楽しみの場、団らんの場、あるいは集会の場へと変えている。
歴史の辛さをも飲み込んでしまう逞しさ、しぶとさ。

by photoartplan | 2006-12-10 00:35 | 台湾旅情 | Comments(0)