『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




タグ:ハノイ ( 108 ) タグの人気記事



2019年 02月 18日
千年都市ハノイ ベト鉄撮影行(10)ロンビエン鉄橋(5)歩いて(3)
 
(前回から引用)
 
c0122685_22525865.jpg

紅河は②-->①に流れていて、⑤がロンビエン橋
①はチャンティエン橋、車専用の停車禁止の橋
②は河川敷、③はザーラム駅側の河畔レストラン
④はロンビエン駅

計画)
1)撮影ポイントとして、①~⑤の5ヶ所から狙う
2)撮影時間帯は・列車通過時刻・朝、夕刻とする
 
撮影ポイント⑤は、ロンビエン橋をもう一度歩い
て、というもの。しかも朝のうちに紅河まで渡る。

主旨は、ロンビエン鉄橋の「営み」「空気」にある。

  
(前回から続く)

「急坂」

この急坂の上り下りは毎日の日課で、本当に難儀な
ことではあるだろう。

子供の送り迎えに自転車の後ろに乗せて登るおじい
さんや、後ろから助けてもらっているおばあさんや、
荷物を小分けして何度も上り下りしていたり・・・
あるいは、特に雨の日は滑らないよう注意して、と
本当に、日々の真摯な営みの姿を見せていただいた。
 
 
c0122685_12072148.jpg


c0122685_12072110.jpg


c0122685_12072129.jpg


c0122685_12072199.jpg


c0122685_12072233.jpg





 

by photoartplan | 2019-02-18 12:02 | ベトナムスケッチ | Comments(0)


2019年 02月 16日
千年都市ハノイ ベト鉄撮影行(9)ロンビエン鉄橋(4)歩いて(2)
 
(前回から引用)
 
c0122685_22525865.jpg

紅河は②-->①に流れていて、⑤がロンビエン橋
①はチャンティエン橋、車専用の停車禁止の橋
②は河川敷、③はザーラム駅側の河畔レストラン
④はロンビエン駅

計画)
1)撮影ポイントとして、①~⑤の5ヶ所から狙う
2)撮影時間帯は・列車通過時刻・朝、夕刻とする
 
撮影ポイント⑤は、ロンビエン橋をもう一度歩い
て、というもの。しかも朝のうちに紅河まで渡る。

主旨は、ロンビエン鉄橋の「営み」「空気」にある。

  
(前回から続く)
 
河川敷に降りる急坂の辺りでは、地の人との接触が
期待できるのではと目星をつけていた。案の定、期
待以上の出会いが生まれた。

この急坂を荷物を載せた自転車では難儀するだろう。
 
 
c0122685_19092918.jpg


c0122685_19092942.jpg


c0122685_19092950.jpg


c0122685_19092906.jpg






by photoartplan | 2019-02-16 19:17 | ベトナムスケッチ | Comments(0)


2019年 02月 10日
撮影紀行展 ベト鉄「沿線模様」パンフレット印刷品質レベル
 
パンフレットがやっと刷り上がりましたので、
私のホームページへも個展案内をアップしました。

 
実は、これ刷り直しをやって3回目で上がってきた
もので、もうこれがここの仕事は限界なんだろうと
半ば諦めて受容した次第。しかし、いくらコストが
お安いとは言っても、印刷の基本の「黒」がちゃん
と出ないではどうしようもない。

「印刷」の仕事は考えてみると、インキのさじ加減
の範疇で、「職人技」みたいなもので、Webで頼む
所はこの辺りがお粗末なんでしょう。しかし、幾ら
色校正などしないとは言っても、そこそこの「黒」
は出して欲しいものだ。難しい色合わせを要求して
はいないのだから。TVCMもやっている「プリント
パ○○」さん、前回も苦労したけど、今回は一段と
レベルダウンされたようですね。

レーザープリンターの方が難しい事言わなければ、
雲泥の差で安心しておれる。今は一般オフィス用で
も充二分の品質だ。例えば、写真集で利用している
同じくWeb入稿の「しま○○」さんの場合は、若干
だけ先方の癖に対応した印刷データを作りさえすれ
ば、もう安心して上がり到着を待っていられる。前
述のような不安感とストレスのやり取りは不要だ。
要領はいるけど、ここはお勧めできます。


まあ、そんな具合で個展開催日も近づいてきていて、
全て自己完結型の「一人親方」の為、告知展開など
もスタートさせつつ、未だに展示構成に頭を痛めな
がら悩ましい「産みの苦しみ」を味わう今日この頃、
といったところでしょうか。


c0122685_17464042.jpg





by photoartplan | 2019-02-10 18:37 | 写真展 | Comments(0)


2019年 02月 09日
千年都市ハノイ ベト鉄撮影行(8)ロンビエン鉄橋(3)歩いて(1)
(前回から引用)
 
c0122685_22525865.jpg

紅河は②-->①に流れていて、⑤がロンビエン橋
①はチャンティエン橋、車専用の停車禁止の橋
②は河川敷、③はザーラム駅側の河畔レストラン
④はロンビエン駅

計画)
1)撮影ポイントとして、①~⑤の5ヶ所から狙う
2)撮影時間帯は・列車通過時刻・朝、夕刻とする
 
 
 
(前回から続く)

撮影ポイント⑤は、ロンビエン橋をもう一度歩い
て、というもの。しかも朝のうちに紅河まで渡る。

主旨は、ロンビエン鉄橋の「営み」「空気」にある。

それには雨が欲しい、と贅沢な条件を望んでいた。
ところが、「念ずれば通ず」だろうか、適度な雨量、
つまり、欲しい時に、欲しい所あたりで「小雨」が
落ちてきた。こんな幸運があるだろうか!?恵まれ
た条件に感謝。今回も写真の女神が微笑んでくれた。




c0122685_15120843.jpg

総延長の多くは住宅と広大な河川敷になっている
そんな鉄道橋はまさしく人が行き交う動脈の様で
自転車をおして長い急坂を登りやって来る人達や
河川敷全体に広がる緑は雨に濡れ光り輝いていた







by photoartplan | 2019-02-09 16:35 | ベトナムスケッチ | Comments(0)


2019年 02月 02日
千年都市ハノイ ベト鉄撮影行(7)ロンビエン鉄橋(2)車専用橋から
 
(前回から引用)
 
c0122685_22525865.jpg
紅河は②-->①に流れていて、⑤がロンビエン橋
①はチャンティエン橋、車専用の停車禁止の橋
②は河川敷、③はザーラム駅側の河畔レストラン
④はロンビエン駅

計画)
1)撮影ポイントとして、①~⑤の5ヶ所から狙う
2)撮影時間帯は・列車通過時刻・朝、夕刻とする
 
 
 
(前回から続く)
 
撮影ポイント①チャンティエン橋は、ロンビエン橋の
下流800m程にある車専用道の橋で、完成当初はロン
ビエン橋から車の通行をひきとったが、その後交通渋
滞激しくなり、2輪車のみをロンビエン橋にもどした

上り下りが分離された橋で、一方通行の停車禁止の為
バイクタクシーを利用し往復しながら、列車に合わせ
たチョイ停で狙う、という計画を立てていたが・・・
やはり無理があるし、同行お目付け役にたしなめられ
本人も納得という次第、残念ながら①からは断念した
他は、全て計画通り実行できて何よりだった

計画の内容は実現できなかったが、③対岸へタクシー
で向かう一瞬、走る車内から狙ったシーンでイメージ
していた一つが撮れて何より、不幸中の幸いとしよう
これはこれで面白い、ハノイを表現できているのでは
 
 
 
c0122685_16574831.jpg







by photoartplan | 2019-02-02 17:09 | ベトナムスケッチ | Comments(0)


2019年 02月 01日
千年都市ハノイ ベト鉄撮影行(6)ロンビエン鉄橋(1)俯瞰姿
 
ドンスアン市場の隣には、ロンビエン鉄橋がある
まさしく、今回の目的の一つにはこの撮影にある
従って、このそばに宿をとる事で、地の利を得た

ベト鉄切り口の個展に向けて、その完結編として
の最終撮影行では、是非とも以下が必須だった
1)ロンビエン鉄橋の全体像
2)ロンビエン鉄橋の佇まい、営み
3)ロンビエン鉄橋を走る列車の姿

撮影構想を練る充分な時間と、今迄の現場知識と
が功を奏したのか、大変満足な結果が得られた
 


c0122685_22525865.jpg

紅河は②-->①に流れていて、⑤がロンビエン橋
①はチャンティエン橋、車専用の停車禁止の橋
②は河川敷、③はザーラム駅側の河畔レストラン
④はロンビエン駅

計画)
1)撮影ポイントとして、①~⑤の5ヶ所から狙う
2)撮影時間帯は・列車通過時刻・朝、夕刻とする



個展準備もある為、若干駆け足で進めていきたい

先ず、撮影ポイント④からのショット、全体像を
ハノイのランドマークであり、超人気のこの鉄橋
私にとっては「逞しさ」や「不屈精神の象徴」だ

吟味に吟味を重ねた結果、撮影地点とした場所は
ロンビエン駅傍の、あるカフェの屋上テラスから



c0122685_00304297.jpg


c0122685_22525992.jpg


c0122685_22525952.jpg


c0122685_22525956.jpg


c0122685_22525835.jpg
こちらは、ロンビエン駅に階段を上がる途中から、高架駅舎風景を狙ったもの







by photoartplan | 2019-02-01 23:35 | ベトナムスケッチ | Comments(0)


2019年 01月 27日
千年都市ハノイ ベト鉄撮影行(5)ドンスアン市場周辺(3)
 
ハノイの「花売り娘」達は、皆さんお元気で愛らしい
行く度に探しているし、見つけると追っかけてしまう
本当に、ハノイの風物詩で、ハノイっ子は花を愛でる 

 
c0122685_01020120.jpg


c0122685_01020278.jpg


c0122685_01020105.jpg


c0122685_01020296.jpg


c0122685_10493016.jpg











by photoartplan | 2019-01-27 23:49 | ベトナムスケッチ | Comments(0)


2019年 01月 20日
撮影紀行展 ベト鉄「沿線模様」/やはり今回も「産みの苦しみ」
 
「展示構成」フィニッシュの報告をしてた訳だけど、
実はその後も、堂々巡りの悩ましい状況に陥っていた。

毎回、そういう同じ状況ではある訳だけど、今回若干
違うのは、「撮影紀行」というコンセプトの為、今迄
とは違う展示スタイルにしているところ。よって、当
然ながら頭から、基本的な「展示構成」にこだわって
悩まされている、という状況だ。

しかし、いつまでも悩ましいとばかり言っておけない
訳で、いつもの通りで近くの良き理解者達にご意見を
問い、最終の本当に最終の「最終確定」を決断した。

ここまで「時間」と「悩ましさ」をかければ「覚悟」
というものはつくもので、これもいつもの通りで行き
着くまでの「儀式」(?)みたいなものだろうか?

これも「楽しからずや」というところが今の状況か。

c0122685_00130748.jpg





by photoartplan | 2019-01-20 23:46 | 写真展 | Comments(0)


2019年 01月 15日
千年都市ハノイ ベト鉄撮影行(4)ドンスアン市場周辺(2)

このドンスアン市場周辺は、さすがに歴史が積もった
ハノイ最大の庶民市場だけあって、色んなものが揃う
乾物の類等、てんこ盛りで、その種類が半端無い様子


c0122685_23585542.jpg

c0122685_23585454.jpg

c0122685_23585598.jpg

c0122685_23585401.jpg

c0122685_00311122.jpg












by photoartplan | 2019-01-15 00:08 | ベトナムスケッチ | Comments(0)


2019年 01月 09日
千年都市ハノイ ベト鉄撮影行(3)ドンスアン市場周辺(1)
 
今回のハノイ行
最大の目的は、個展に向けた「最終撮影」。
撮っていなかったものをどうしても納めたい。
展示構成を考えても、どうしても必須と考えた。

1)ロンビエン鉄橋の全体像、営み、他
2)北方面沿線「コムビンザン」の店、営み、他
の2点をどうしても撮りたかった。

そこで、ロケーション最優先で2ケ所の宿をとり、中日で
移動することにした。
1)近くの東河門すぐそば
2)近くのハンザ市場すぐそば

これが大正解だった。
到着日の翌日早朝から歩いた、東河門からドンスアン市場
周辺路地。ここが期待した通りのわくわく感に溢れていた。
夜明けすぐからこの「活気」! この「女性陣」!
そして、食材は何でも揃うこの「路上」!
とうとう今回はドンスアン市場の建物内には入らず。


 
c0122685_18175983.jpg

c0122685_18175967.jpg

c0122685_18180008.jpg

c0122685_18175993.jpg

c0122685_18180029.jpg




by photoartplan | 2019-01-09 18:39 | ベトナムスケッチ | Comments(0)