『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧



2017年 10月 31日
お知らせ/HP「台北気儘的散策・淡水」
 
 お知らせ
「台北気儘的散策・淡水」
ホームページにアップしました。

その昔、大航海時代からを偲びながら
気儘に、ひっそりと歩いてみました。
 
 
c0122685_23361270.jpg






[PR]

by photoartplan | 2017-10-31 23:39 | 写真雑感 | Comments(0)


2017年 10月 23日
頭巾のお子達
 
ぽっかり秋晴れ吉日
雨続きも少し一休み

田園の中を遊びながら帰る
頭巾を被ったお子達・三態
どうぞ、すくすくと元気で
 
 
 
c0122685_1318458.jpg
 
 
 
 
c0122685_1318463.jpg
 
 
 
 
c0122685_1318556.jpg
 
 
 
 
 
 

[PR]

by photoartplan | 2017-10-23 13:57 | カラーフォト | Comments(0)


2017年 10月 21日
めっきり秋・筑肥線
 
  列車は一気に時空を駆ける
  車窓にレンズを向けながら
  お酒を楽しむほろ酔い気分
  過去と現在と未来が交錯し
  いつの間にか夢か現か幻か
  列車は至福の世界への誘い
 
一気に様変わりして、めっきり秋になってきた。
暑さが和らいでくると、恒例の如くプチ列車旅。
この海岸線の車窓は心と身体を和ませてくれる。
 
 
プチ旅気分を駆り立ててくれるのが、この車内。
1号車のみがウッドデッキになっている。
c0122685_19194539.jpg
 
 
今年3月デビューの「かわせみ・やませみ」号
(熊本/人吉間)の宣伝広告、乗りたいなあ〜
c0122685_19194529.jpg
 
 
車内の中吊広告、やはり見渡してしまう
もうそろそろ九州場所か〜、早いもんだ
c0122685_19194674.jpg
 
 
秋晴れの中、唐津城も拝めた
c0122685_19194695.jpg
 
 
虹ノ松原を脇に見ながら疾走する
c0122685_19194743.jpg
 
 
抜けるとやがて海岸線に出る、穏やかな波。
c0122685_19194796.jpg
 
 
夕刻に走る海岸線のサイクリングは爽快だろう
c0122685_10115815.jpg

 
 
海岸線から離れると田園が広がる。
本当に稲穂の緑は心癒してくれる。
c0122685_19194825.jpg
 
 
稲刈りもずいぶんと進んできた
c0122685_19194913.jpg
 
 
毎年恒例のように、何故か今頃は必ずこの路線
に飽きもせず乗っている。
ホッとする「まどろむ」至福のひと時。
 
 
 
 

[PR]

by photoartplan | 2017-10-21 22:15 | ほろ酔い列車の旅 | Comments(0)


2017年 10月 19日
「ドキュメントぬじゅん(NUJUN)−沖縄写真・まぶいぐみ」創刊号ご紹介

沖縄でまたもや不時着、炎上した米軍ヘリ。
同型飛行をわずか1週間程休止しただけで、
原因説明も無いまま突然飛行再開された。
日常茶飯事で、一層厳しさを増している。

まさに、沖縄の「いまここ」を写している。
そして、バーチャルではない「紙」の強さ。
 

(前回より続く)

「ぬじゅん NUJUN」の創刊号が手元に届き
その物を「紙」でじっくり観ることができた。
A4判中綴じ(見開きA3判)本文20頁。
迫真のリアリティ迫るドキュメント写真2組。

「墜落オスプレイに海中から迫る!」牧志 治
「『光景』ドキュメント高江」小橋川 共男


 
c0122685_14454307.jpg
 
 
 
オスプレイパッドN1地区 2016年11月26日 撮影 小橋川 共男
(見開き頁をスキャンの為、中央の線をご容赦下さい)
 
c0122685_14484424.jpg



『ドキュメント ぬじゅん(NUJUN)ー沖縄写真・まぶいぐみ』
         創刊号 発刊について
 
※ 改めて、発刊主旨を紙でお伝えしたく、
スキャニングだけどPDFでご覧頂けたらと思います。






[PR]

by photoartplan | 2017-10-19 18:41 | 写真雑感 | Comments(0)


2017年 10月 11日
写真リアリズム283号より「墜落したオスプレイ」
 
写真リアリズム」の283号/2017年春号
を大牟田支部の山下俊雄様より有難くも頂戴
し、興味深く見させて頂いていた。

本号の特集テーマは「島」だった。
いずれも鋭い「視点」を持った作品ばかりで、
非常に勉強させられ、また大いに刺激を受け
た。そんな中から(たくさん有り過ぎて困る
が)たった一つだけ紹介しておきたい。
 
 
きな臭い社会情勢が一層強くなってきた昨今
を思う時、そしてまたSNS流行の中「写真
とは」を思う時、リアリティあふれる作品と
その取り組み姿勢に大いに共感する。
 
以下、作品とキャプションを抜粋する)
 
 
 
「名護市安部ギミ崎に墜落したオスプレイ」
 牧志治(沖縄写真・まぶいぐみ)

 
c0122685_21503063.jpg
 
 
グリーンに染まった煙幕のような流れが迫ってくる。
水面の白い袋状の物体から染み出すように海水を濁
らせていたのは、救難信号として用いられるマーカー
だった。オスプレイは機首、胴体、尾翼の三つの部
分に無残に折れて潮の動きに身を任せている。  
2016年12月4日


※「沖縄写真・まぶいぐみ」は、沖縄の「いまここ」
で起こっていることを記録し発信し、写真の力を沖縄
の力に変えていくアクションとして、
を刊行します。

沖縄写真が「脱政治化」され、沖縄イメージの商品
として扱われていることとは一線を画し、インター
ネット全盛の中で写真が単なる「イメージ」となって
無数に浮遊するこの時代に、あえて紙媒体を選んで写真
の感触を伝えていこうというチャレンジでもあります。

2017年1月25日 「まぶいぐみ」実行委員会
(「ぬじゅん」創刊号の発刊趣旨から)
 
 
 
 
 

[PR]

by photoartplan | 2017-10-11 22:30 | 写真雑感 | Comments(0)