『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




<   2017年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧



2017年 04月 27日
インドシナ周遊の旅(11)マカオ(2)煲仔飯のおじさん(2)仕事の様(1)
 
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅


「マカオ」 初めて訪れた地
ディープに実感したい興味津々の地

 
 
「煲仔飯のおじさん」
ひたむきなお姿に感銘

(前頁より続く)

それから滞在の3日間、ひたむきなお姿に魅せられて
なんとかお写真を撮らせていただきたいと通い詰めた

そして、お仕事の様子などやっと撮らせて頂いた
初日のように満杯の佳境の状態ではなかったため
何とか邪魔にならず、身振り手振りで教わりつつ
基本的におじさんのお顔は抜いた状態での撮影で
そのお仕事の様をほんの少しご紹介していきたい

 
 
先ず「煲仔飯」(ボーチャイハン)とは?

煲:鍋、鍋で煮る調理法、仔:小さいの意
つまり、小さい土鍋で炊いたご飯、釜飯の事
そして、この料理はどこも店の外で調理する

ちょっと調べてみると、今ではほとんどが
ガスコンロで炊くようになったらしいが
ここのは何と、ガスと炭火のハイブリッド
ガスコンロの超強火で一気に炊き出し
次に、炭火七輪に土鍋を移しじわ~と
そして、蒸らし工程までと・・・

実は、このあたりの細かい手法等はジェスチャーの限界で
確実性は無いが、おじさんのこだわりが実感されたところ

 
 
道を挟んだ向かいの建物の外壁に沿って調理台が並ぶ
つまり、向かいの路地が調理場でおじさんの仕事場だ
 
c0122685_11523563.jpg


足下にある藤の籠に入った米を一人用土鍋に一杯入れる
 
c0122685_11525020.jpg


や否や、直ぐさまやかんから水を投入
ちなみに、道挟んで向かいが店になる
 
c0122685_11537100.jpg


ガスコンロは超強火で一気に炊き上げ態勢
 
c0122685_11532232.jpg


頃合いを見計らい、ショーケースに入った具材を取り出し
 
c0122685_11535167.jpg


強火にかかった土鍋の周りは熱く、蓋をとるだけで火傷しそうだが
 
c0122685_1154961.jpg


具材をご飯の上に乗っけて
 
c0122685_11544522.jpg


手早く箸を動かし調整
 
c0122685_1155182.jpg


手元は熱い筈だが一心不乱
「ひたむき」なお姿に感動、串刺しにされた
 
c0122685_11552699.jpg


頃合いをみて奥の炭火七輪に移し、仕上げ工程に入っていく
お品書きメモが蓋の上に乗せられ、蒸らしながら配膳を待つ 
 
c0122685_11553964.jpg

 
 
 
繰り返しになり恐縮ですが
細かい手法に関しては私なりの実感と推察に依るところです
その点ご理解いただき、おじさんの「ひたむき」なお仕事の
様に共感していただけましたら、この上無く幸いなことです
 
  
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-04-27 13:31 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 04月 26日
インドシナ周遊の旅(10)マカオ(1)煲仔飯のおじさん(1)出会い

香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅


「マカオ」初めて訪れた地

香港からジェットフェリーで1時間
入、出境審査が大変煩わしかったが
ディープに実感したい興味津々の地

本来なら歴史的にポルトガルの名残ある
モチーフから始めるべきところだろうが
そこはへそ曲りの私らしくネイティブな
切り口と私なりの旅の根源的テーマから


 
「煲仔飯のおじさん」
ひたむきなお姿に感銘


セナド広場から徒歩5分の所に
「福隆新街」という通りがある
昔乍らの中国の色香が強く残る
その昔、この界隈は遊郭が多く
集まり、大いに賑わう街だった 

c0122685_23373687.jpg


 
そんな通りを興味津々にぶらり歩いていると
路地に設けられた調理場で働く男に遭遇した
小走りに左右に動きつつ、手早く箸を動かし
その一心不乱な、ひたむきな姿に圧倒された

c0122685_23382037.jpg

 
 
手前にガスコンロが5台、その奥に炭七輪が5個
計10台全てに、同時に小さい土鍋がかけられて
まさに全てを見張りながらの調理が進行中だった

その様を前に息が詰まり言葉も出ず、まさにフリーズ状態
撮影の了解も取りきらないまま、ただ呆然と凝視していた
また、口を挟む空気ではないとも感じた、これで良いのだ

残念にもそのリアルな状況はカメラでは捉えてはいない
だがしかし、カメラマンとしては・・・、だけど・・・

c0122685_2339344.jpg




それから滞在の3日間、ひたむきなお姿に魅せられて
なんとかお写真を撮らせていただきたいと通い詰めた

最終日、店仕舞い前に手すきになられやっと撮れたカット
口元に誇らしげな、何処か自負感が見てとれる表情だった
ひたむきなおじさん、無口でナイーブな方とお見受けした


c0122685_2339254.jpg
「煲仔飯のおじさん」
 
 
 
次頁からは、やっと撮らせて頂けたお仕事の様
(ご本人は抜きで)を少しお伝えしたいと思う

次頁に続く 於「順記飯店」



 
「煲仔飯」(ボウチャイハン)
 
華僑の庶民料理で一人用の土鍋で炊く釜飯
本来、炊き込む食材は安価なものを使い
じっくりと手間をかけて作るものだとか
古今東西、庶民の料理とは
時間をかけ愛情を炊き込むものなのだろう


撮影データ)
FUJIFILM X-Pro2, Fujinon XF14mm f2.8 R
ISO6400, F2.8(~4.0), 1/30(~110)S, FS: ACROS+Y 
妥当な粒子がリアリティーを産み出していると感じる



 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-04-26 00:24 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 04月 22日
インドシナ周遊の旅(9)香港(8)市井の食
 
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅

「香港」の街から最後は 
今回のテーマの一つ「食」

市井の人達と同じく食す
はずれの無いものばかり
やはり食べ過ぎてしまう

そんな中から一部のみご紹介し
香港の市井の香りで締めとします
 

c0122685_191598.jpg
濃厚なスープに麺が美味しい担々麺
c0122685_074123.jpg
エビがプリプリでたまらない
c0122685_192256.jpg
そんなエビがふんだんに入るワンタン
c0122685_1923659.jpg
朝はお粥が優しい、やはり素朴に旨い
c0122685_193735.jpg
お汁無し、ネギのみでシンプルに麺を味わう
c0122685_1932596.jpg
文句無し、さすがミシュランにも輝いた蝦ワンタン麺
c0122685_1934245.jpg
サクサク、パリパリ、上品なお味の湯葉巻き
c0122685_2353845.jpg
初めて食した大根餅、何故大根で?その発想に感心する、大根とは思えない味
c0122685_1941486.jpg
お肉がとろける、あんかけ麺も美味い
c0122685_1943671.jpg
豚の角煮が何気に旨い、八角が良く効いていた
c0122685_1945333.jpg
香港の蝦は何処のもプリプリ
c0122685_23535249.jpg
魚のつみれに豆腐、和風に通じるお味の飲茶鍋
c0122685_1951587.jpg
これはまあまあのマンゴープリン
 
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-04-22 19:46 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 04月 21日
インドシナ周遊の旅(8)香港(7)海外通貨調達事情
 
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅

 
 
海外の旅の煩わしいひとつは
現地通貨にまつわる事
その調達方法と、その必要な額等
今回のように3ヶ国ともなると尚更
そこら辺の事を今日は書いてみたい

今まで色々と試してはきたけど
今回はこの方法を採用し徹底した


「海外引出し」

現地のATM利用による
自国内預金口座の引出し
当然現地通貨で出てくる

普通に国内での口座引出しと同じ
クレカでのキャッシングではない
これだと返済利子がついてしまう


現地でしか両替しにくい通貨の場合は
この方法は私にとっては有効で無難だ
但し、この方法が可能になるのは
デビットカード機能」が付いた
キャッシュカードが必要となるが
しかし、非常に便利な点が多い

メリット)
・出国時、及び現地で自国通貨が不要
・両替レート、手数料等の吟味が不要
・両替時のトラブル、リスク回避可能

デメリット)
・ATM手数料が必要(窓口利用は不要)
・ATM操作に英語が必要(慣れの問題)


というような事になるが、要は
何処の両替所がレートが良くて
手数料が安くて、しかも安全で
ごまかされたりせずに、そして
そこまで両替目的で移動したり
と、非常に煩わしい事になるが
私みたいにたかがしれた額だと
必要な時に必要な額をお気軽に
というような事ができてしまう


具体的なコストとしては
レートはほぼ市中マーケット並みで
手数料は1.63%(VISAの場合)と
通常の銀行での両替手数料より格安
ATM利用手数料が¥108/回必要
現地ATMの手数料も必要な場合有り
窓口でカード提示の方法ならこれも
省けるが煩わしいかも知れない


という具合で非常に便利だった
これお勧めします、お試しあれ



香港空港のATMは到着ゲートB傍の
トイレ入口横、コンビニがある並びに
citibank のATMブースがある
ここのはなんと「日本語対応」だった
しかも現地ATM手数料は無いみたい?
 
c0122685_064341.jpg

c0122685_07498.jpg

c0122685_072573.jpg


 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-04-21 00:44 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 04月 20日
インドシナ周遊の旅(7)香港(6)空港路線バス
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅

先ずは「香港」の街から
 
 
今回のテーマの一つ
「路線バスの活用」
 
空港〜ホテル間の移動ももちろん路線バス
香港島の水街だと所要時間は約50分弱程
安全率をみても1時間少々をみれば充分だ
こちらは香港島の最初のバス停で最も早い
ちなみに、ホテルの目の前に在り至極便利
コストは45香港ドル、景色が楽しめ快適
 
 
到着ゲートを出て正面奥のエアポートエクスプレス駅の
前を右に曲がり空港建物を出るとバスターミナルに着く
その入口にある表示板には見取り図があり迷う事はない 
c0122685_1542578.jpg

c0122685_15502468.jpg

c0122685_15505162.jpg

c0122685_15512325.jpg

c0122685_1622464.jpg

 
 
空港戻りのバス停表示板、こちらでは2系統の路線が利用できる
ちなみに、こちらのバス停は行きも戻りも同じでこの場所になる
c0122685_15521795.jpg

c0122685_15524545.jpg

c0122685_1557447.jpg


 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-04-20 16:44 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 04月 20日
インドシナ周遊の旅(6)香港(5)バス路線
 
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅

先ずは「香港」の街から
 
 
今回のテーマの一つ
「路線バスの活用」 
 
ネイザンロードを通りたく
スターフェリーバスターミナルで
路線バスの1A番、2階最前席に乗ってみた
旺角(モンコック)辺りで降りようと思っていたけど
プチ旅気分でしばらく乗って少し郊外を見ることにした
こんな時バスの路線というものはもってこいで、市井の
人達の集まりを垣間見る事ができて、賢い方法の一つだ
しかも、コストも非常に安くつく、ただみたいなものだ


c0122685_11193360.jpg

c0122685_11195059.jpg

c0122685_11202297.jpg

ネイザンロードを2階建てバスで走り抜くのは
「おもちゃ箱」をひっくり返した感があり非常に面白かった
が残念ながら今は「これぞ九龍」の大看板の波が見られない

安全の為にと全てが撤去されてしまった
私としてはこうなってしまっては全く魅力が感じられない
何か殺風景な整然と整理された景観になってしまった様で
九龍が何処にでもあるわくわく感の無い街になってしまった

c0122685_1121737.jpg


c0122685_11204212.jpg

もちろん脇に入ればまだまだたくさん残ってはいるし
サイケデリックな建物も見られておもしろいんだけど
やっぱりそれが象徴的だった訳で・・・寂しいもんだ

 
 
c0122685_11212957.jpg


一方通行の道を避ける為大きな2階建てバスを上手に操り
右折、左折を繰り返しながら郊外に向かう道へと出てきた
さすがに郊外になると、比較的新しいアパートが見られる
しかし、いずれもノッポな高層ビルに変わりはない
限られた土地の有効活用とは縦に伸びていく宿命で
ここ香港ではトラムもバスも例にもれずノッポなのだ

c0122685_11235392.jpg

c0122685_1124126.jpg

そろそろと、九龍湾駅で降りると
ここでもまた高層ビル群が空き地を挟みながら天へと伸びている
地下鉄はこの前の駅辺りから地上に出て、この先にもまだ延びている

非常に便利な生活圏、通勤圏と感じられる
ここら辺りでまたバスで折り返すとしよう
c0122685_11243997.jpg

c0122685_112548.jpg

戻りは一方通行の関係で真っ直ぐで行ける
 
c0122685_11253692.jpg

c0122685_11255942.jpg


 
バスの路線のおかげで中心部以外を垣間見る事ができ
漠然とだけど、何か少〜し解ってきたような気がした
 
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-04-20 13:32 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 04月 13日
インドシナ周遊の旅(5)香港(4)スターフェリー
 
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅

先ずは「香港」の街から
 
 
This is Hongkong ”StarFerry”
これぞ香港、「スターフェリー」

これも赴く度に乗ってしまいたくなる
しかし今はずいぶんと歩かされてしまう
遠く遠くなってしまったフェリー乗り場
埋め立てが進行するにつれ街から遠のく
利用客数にも影響が出てきているようだ
しかも、すぐ傍に在ったゴチック様式の
香港公会堂も今は無く何か魅力に欠ける

でも船は変わらない
昔の物を使い続けるところに意義を見出す
まさしく船内は時空を超えた世界に包まれる
 
 
c0122685_1651727.jpg


c0122685_1653743.jpg


c0122685_1655932.jpg


c0122685_1661576.jpg


c0122685_1663358.jpg


c0122685_166498.jpg


 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-04-13 16:13 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 04月 10日
インドシナ周遊の旅(4)香港(3)夜のトラム車窓
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅

先ずは「香港」の街から


This is Hongkong ” Tram ”
これぞ香港2階建て「トラム」
 
市井のぬくもりを肌で感じながら
ゆりかごに抱かれて「まどろみ」
異次元の世界へと迷い込んでいく
そんな時空を超えた2階建トラム 
 
夜のとばりが降りてきて少し静かな夜の街
銀河鉄道トラムに身を任せまどろむひと時
 
 
c0122685_18521464.jpg


c0122685_18523796.jpg


c0122685_18525855.jpg


c0122685_1853299.jpg


c0122685_18534969.jpg


c0122685_18541588.jpg


c0122685_18544880.jpg


 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-04-10 19:00 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 04月 09日
インドシナ周遊の旅(3)香港(2)レトロなトラム
 
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅

その今回のテーマは
・路線バスの活用
・ベト鉄の体験
・食へのこだわり
等々を通して市井の営みを実感する事
そんな出会いが生まれた旅となりました 

先ずは「香港」の街から


This is Hongkong ” Tram ”
これぞ香港2階建て「トラム」
 
毎回この2階建てトラムに乗りたく
この地を目指していると言っても
過言ではないくらいで全く飽きない
世界見渡しても非常に珍しい存在で
希少価値が有り、しかもレトロな
車両を使い続けている点が魅力的

そして非常にゆっくり〜と走ります
揺れながら、自転車の方が早い位で
だからビジネスマン等は乗ってこない

市井のぬくもりを肌で感じながら
ゆりかごに抱かれて「まどろみ」
異次元の世界へと迷い込んでいく
そんな時空を超えた2階建トラム 
 
 

このところ、宿は香港島の西側で
上環から西の「水街」という所で
トラムの停留所がホテルの目の前

そして空港路線バスの停留所も目の前
しかも香港島に入って真っ先の停留所
で所要時間も短く一番乗りと言った所
そんなロケーション抜群でトラム好き
には非常にうってつけの便利な所だ
 
 
c0122685_17354291.jpg


c0122685_17361637.jpg


 
 
上環までの間は乾物屋が店を連ねていて
スナップしながら歩いても飽きないし
トラムからも色々と目に飛び込んできて
庶民の街の姿が垣間見られ非常に楽しい
 
c0122685_17412617.jpg


 
東から来たトラムは上環で折り返すものと
その先ケネディータウン迄行くものがあり
どちらも同方向に走り出し急カーブで右折し
海側の筋にぶつかった所で左右に分かれる

運転席は前後両端に備えられてはいるが
こんなふうに折り返す所ではループ線に
なっている訳で、従って後ろの起動力は
普段は全く使われる事無く非常用となる
 
c0122685_1751941.jpg


c0122685_175216.jpg


 
 
古〜いレトロな車両も大いに活躍していて
近年は広告のフィルムが殆ど張られていて
パッと見た目ではおしゃれで解らない位だ
でもドアの造りを見ると可愛らしく直ぐ解る
 
あっけない位薄くて軽くて下半分だけで
上半分はすっぽんぽんで吹きさらしになる
 
乗る時は後ろから
c0122685_1834891.jpg


降りる時は前から、2.3香港ドル=約35円一律
非常にお安い、オクトパスカードをかざすだけ
c0122685_189691.jpg


c0122685_1810252.jpg

こんなプリント柄で飾られた天井も見られた
c0122685_1811252.jpg

 
 
因に、新しい車両の場合はこんな感じ
 
c0122685_18125338.jpg


c0122685_18131466.jpg


 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-04-09 18:25 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 04月 06日
インドシナ周遊の旅(2)香港(1)超過密都市
 
西沙諸島をめぐって中国の既成事実攻勢が進行する
あるいは「一つの中国」を露骨に施行している情勢
昔も今も尚も強大な中国に手を焼く東南アジア地域
いやがおうにも「中華思想」の歴史を色濃く感じる
そんな、南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る周遊の旅から無事帰還してきて

先ずは「香港」の街から
 
共通するものや、大きく異なるもの・・・
先ずそんな中で突出する違いは「住」の点
 
 
 
This is Hongkong ”High-rise Apartments” 
これぞ香港、超過密都市、「高層集合住宅群」
 

過密都市の為に非常に高いコストがかかる香港
かたや、その対極にあるのがベトナム、ハノイ
生活コストに大きく関わってくる事を実感する
だから、例えばホテルコストもかなり高くつく
飛行機のCAが我々6泊の予定と知り驚いていた
今や香港はトランジットで観光するのだそうだ


ある番組でこんな情報を目にした
香港の小さい娘を持つ若い既婚者がネットサイトで
大阪の築35年マンション16m2を350万円で購入
将来の娘のために、日本現地での物件下見もせずに
香港ではその価格では「自転車置き場」程度らしい

まあま、そんな状況を率直に実感する光景はやはり
これぞ香港、超過密都市、超高層集合住宅群の勇姿
赴く度に解っていながら目を釘付けにされてしまう

 
 
 
 
「屏風ビル」(勝手に名付けている)
当初より赴く度に訪れているこの超過密集合住宅
その中をよく拝見すると、実はその地下は奇麗な
店舗街になっていて清潔なトイレも備わっていた
また、驚いた事に「中庭」までもあって非常に
立派なまさしく「一大高層集合住宅」と言った所
 
c0122685_143565.jpg


c0122685_14355075.jpg


c0122685_14362427.jpg


c0122685_14364211.jpg


 
 
「階段と高台の集合住宅」
さすが坂の街、集合住宅の高台まで階段が備えられていた
 
c0122685_14371072.jpg



 
 
「森林超高層ビル」
下を見下ろすと、ゾッ!とするような集合住宅の光景
海に沿って東西と、そして山の上の方まで延々と続く
 
c0122685_14373831.jpg


c0122685_1438020.jpg


 
 
「コンビニエンス密集空間」
超過密の結果として生活必需要素が超近隣で手に入る
 
c0122685_14382971.jpg


c0122685_143928.jpg


 
 
「竹足場」
やはり建築現場の足場は高層でも竹が活躍する
専門の技能訓練学校もちゃんと整備されている
 
c0122685_1439364.jpg


 
 
「超高層集合住宅群」
郊外でもやはり目に付く超高層ビル群
路線バスで1時間弱で降り立った所でも

c0122685_14404877.jpg


c0122685_1441832.jpg


 
 
 
 
 
今回も実際に現場で実感した事を頼りにこの文章を綴っております
その為明確な数字根拠等は持たず、乱暴表現も有ろうかと思いますが
旅でしか見えてこない部分を実感してきた「主観」とご理解ください

このブログ =My Filter a les coles Photography= のテーマは
主観:My Filter であれこれ:a les coles と感じ写真:Photograph
で表現したい、というところにあります
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-04-06 15:55 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)