『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




カテゴリ:写真雑感( 104 )



2018年 09月 22日
撮影行に向けてのレンズ考

今回の撮影行ではこのレンズで攻めていきたい。
Fujinon 50mm f2.0 on FUJIFILM X-Pro2
Fujinon WCL-X100 on FUJIFILM X-100S

前回までは、超広角レンズ Fujinon 14mm F2.8が発売され、
これを採用し大いに活躍してくれた。

今回は、ハノイ(とりあえず)最終完結版として選択したのは、
Fujinonn 50mm F2.0、この中望遠レンズで攻めていきたい。

そして、脇を固めるのは、X100SにWCL-100を付けてワイド
28mm相当で、全体像の押さえとしたい。

これらのレンズで、ハノイの生活がぼんやりだけどなんとなく
しかし、ずいぶんと豊かに見えてくるだろう。

今回は、中望遠(50mm f2.0)ならではの表現に注力していき
たい、と思っている。



c0122685_22000897.jpg





[PR]

by photoartplan | 2018-09-22 22:42 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 09月 09日
ハノイ撮影行 行程プラン検討

撮影紀行展 千年都市ハノイ ベト鉄「沿線模様」
作品制作に変わらず邁進、継続しているところで、

そんな中で、作品完結に向けた最終撮影行11月
の行程プランなど、ぼちぼちと検討し始めた。
今回は諸事情有り、中5日間の短さなので多くは
欲張れない。絞り込まなくては。しかし、これが
検討し始めると、いつものパターンで・・・

c0122685_16590315.jpg





[PR]

by photoartplan | 2018-09-09 17:01 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 08月 21日
ホームページ更新のご案内/「My Style」加筆更新

My Homepage " My Style " を更新しました。
実に7年ぶり位になりますが、あまり頻繁には
変化しない内容の部分ですので。

ただ、ずいぶんと近況とは乖離してきていたし、
次回個展の取り組み内容にも関連してくるので。

つまり、「リアリティ」「臨場感」を追求し、
「撮影紀行展」という手法ににたどり着いた訳
ですが、その経緯、思うところ等のご報告です。

悲しい事に直近の事例でいえば有名なプロの方
(撮り鉄関連プロ)等々でも見られる位です。
折角の自然条件に恵まれた貴重なカットが・・
「作りもの」になってしまって・・・
目指すところが違うのでしょう・・・



c0122685_18112437.jpg






[PR]

by photoartplan | 2018-08-21 18:31 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 07月 27日
撮影紀行「ダナンから『王宮古都』フエ」仕上がり考(2)

仕様)
・A5判タテ 142頁 
・無線綴じ、くるみ製本、巻カバー
・レーザープリンター印刷

製本の仕方には色々とあるが、それぞれに良し悪し、向き不向き
がある。「無線綴じ」は強力な糊で背の部分を圧着するもので、
背表紙が平滑にすっきり仕上がる点が良い。

しかし、写真集などには、やはり不向きかと思う。見開き頁では
どうしても喉の部分が見えないので、作品としては違和感があり、
望ましくない。これも頁数が厚くなるほど開きにくくなるので、
その点では薄いほうが望ましい。

今まで50頁物、100頁物、150頁物と制作してきたが、そ
の点では100頁ぐらいが程好いのかもしれない・・・
しかし、不向きなのには変わらない、残念だけど・・・
だから、「読みもの」的要素を加味した内容にするとか・・・
そういう点で、「撮影紀行」として文章ものを150頁にしてい
る。


さて、今回のブックカバーはこんなデザインで、洋書的な雰囲気
を狙って楽しんでいる。

c0122685_22123586.jpg
表表紙

c0122685_22123690.jpg
裏表紙





[PR]

by photoartplan | 2018-07-27 22:23 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 07月 23日
撮影紀行「ダナンから『王宮古都』フエ」仕上がり考(1)

撮影紀行
ダナンから「王宮古都」フエ
〜ベトナム中部マンダリンロード

個展 =撮影紀行=「ベト鉄『沿線模様』の
補完コンテンツとして制作した写真集のひとつ。


今回、入稿する時ケアレスミスしてしまい、写真
仕上がりに「難有り」状態で手元に届いた。一目
で何だこれは?!の状態で、やってしまった。

その状態から直ぐに失敗の予測はついた。案の定
だった。つまり、写真の「自動補正する」にチェ
ックが入ってしまっていた。全くの確認不足だ。

ついでに、他に数カット修正した上で、チェック
を丁寧に?はずし、再注文して仕上がってきたの
が、前回アップのご報告分だ。作品カットの仕上
がりは充分、特段の指摘は無い。データから大き
くは逸脱しない。予測できる範疇だ。色の傾向と
しては、「青」を奇麗に出してやろうとしている。

「自動補正有り」と「〜無し」の仕上がりを比較
して頂きたい。ま、いわゆるメリハリの付いた高
彩度仕上がりになる訳だが、私の好みとしてここ
ら辺が好まない。作り物的になってしまうからだ。

いずれにしろ、同じミステイクをしないよう用心
しよう。好みのデータで入稿し、「自動補正無し」
とすれば、写真カットに関しては、ほぼ狙い通り
で仕上がってきてくれる、という事が確認できた。



c0122685_15205580.jpg
自動補正あり

c0122685_15205645.jpg
自動補正無し

c0122685_15205586.jpg
自動補正あり

c0122685_15205688.jpg
自動補正無し

c0122685_15205531.jpg
自動補正あり

c0122685_15205693.jpg
自動補正無し






[PR]

by photoartplan | 2018-07-23 15:28 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 07月 10日
写真集「マカオ・スケッチ」仕上がり考(2)

「 Macau Sketch 」
Indochina Round Trip

コスパは非常に高いので、贅沢を言ってはいけない。
しかし、折角なのに、という点でほんの一言だけ。

巻きカバーまで付いているんだけど、これが耐久性
の点で非常に弱い。マット系ペーパーは好み的に良
いんだけど、コーティングが弱いのだろう。すぐに
へたってくる。

そこで、私はブックカバーを作り凌いでいる。これ
で気遣う事なくストレスフリーで持ち運びできる。
何より、自家制のためデザインフリーのところが良
い。これはこれで、また違うバージョンとして楽し
めている。


c0122685_11404317.jpg
表紙表部分

c0122685_11414980.jpg
表紙裏部分







[PR]

by photoartplan | 2018-07-10 23:25 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 07月 03日
写真集「マカオ・スケッチ」仕上がり考(1)

「 Macau Sketch 」
Indochina Round Trip

個展 =撮影紀行=「ベト鉄『沿線模様』の
補完コンテンツとして制作した写真集のひとつ。


仕上がりとしては、まずまず、と言ったところか。
5回目ともなれば色々と見えてきて癖もつかめる
もの。断裁によるバラツキはしょうがないもので、
マージンはもう少し安全率をみた方がベターか。

レーザープリンターだから限界だろうけど、ハイ
ライト域がやはり出てくれない。白トビしている。
この点、対策としてレタッチしてはいたが、まだ
足りなかった、という事なんだろう。

コスパとしては圧倒的に高いので、贅沢を言って
はいけない。発注者側で対策を講じればいい事。

ご参考の為に、前出の元データと見比べてみて
下さい。

c0122685_18121870.jpg



[PR]

by photoartplan | 2018-07-03 17:50 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 06月 30日
1年の「ハーフタイム」6/30に記す

今年1年のハーフタイムになる、2018年6月30日
サッカー西野監督を見習い、この日「ハーフタイム」に
これからに向けて、この半年間の頭の整理を若干だけ
しておきたい。


直近の私のテーマになっている個展に関して、今回は
「写真展」ではなく「撮影紀行」としている。
何故なのか?


個展をするようになって、尚更「写真」というものには
「キャプション」が必要なものだと実感してきた。
また、ブログの中で旅の記録などを綴るようにもなり、
いつの間にか自分のスタイルが出来上がっていた。
そして気が付くと、「撮影紀行」という名のジャンルを
設けていた。

近頃、あるプロ写真家が「写真紀行」と銘打った写真展
をされていた。ちょっと気になり「撮影〜」と「写真〜」
とどうなのか、私的に整理してみた。

私としては「臨場感」「リアリティー」等を表現したい、
と考えている。その地、その現場で出会いがあり、感動
が生まれ、そして撮影をする、しているその瞬間、その
進行形、その積み重ね・・そんな意味合いを感じている。


しかし、「写真〜」となると、ちょっとそこらへんに違
和感があって、「臨場感」というより「結果」の定着を
感じ「〜紀行」という時には不似合いのような気が・・


私の個展では、有難い事によくお聞きするメッセージに、
「旅の写真は旅先の景色ではなく、旅する人の気持ちを
見ているような〜」というようなニュアンスがある。
あるいは、ブログのコメントにこんなものを頂いている。
「〜その瞬間の自分自身を撮っている気がします。〜」

まさしく、まぎれも無く表現したい事はこれだ。この事
を忘れず見失わず、「撮影紀行」という文言に我が意を
込めて、直近のゴールに向けて取り組んでいきたい。




c0122685_15311043.jpg

制作中の「=撮影紀行=ベトナム中部マンダリンロード」写真集 P.41,42






[PR]

by photoartplan | 2018-06-30 21:28 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 05月 29日
Film Simulation「Classic Chrome」

FUJIFILMカメラの最大の特徴の一つに、
Film Simulation」という名の「色再現」の世界がある。
それは文字通り、富士フィルム社が提供してきたフィルム
をシミュレートした仕上がり設定になっており、永年積み
上げてきた写真の「色」のノウハウが凝縮されている。

そんな設定の中の一つに「Classic Chrome」という、
コダクロームを模したような渋い色再現の世界がある。
去年の撮影行「インドシナ周遊の旅」では、私なりに
検証した上で愛機「X-Pro2」の基本設定に選択した。

と言うより、この撮影行でこの設定を使いたく新たに
愛機を手に入れ、その仕上がりを確認した、が正確か。
ちなみに、この設定をまだ搭載していない時代の愛機
「X-100S」は「ProNeg Hi」で対応した。

その出来上がり結果には大満足していて、選択の間違い
はなかったかとホッとしてもいる。やはりドキュメント
タッチのスタンスにはピッタリだった。
その後、日常の基本設定にもしているぐらいだ。

そんな中で、ドキュタッチだけではない表現もできる
ような仕上がりが感じられ、なかなかに面白い。
例えばこの事例、閉校した大名小の校舎を活用した
「官民共働スタートアップ支援施設」を覗いた時の
カットをご紹介しときたい。

この設定には不似合いと思われる、露出補正「+2/3」
で撮っているが、これが意外と穏やかな表現を生んで
いる。いかが感じられるでしょうか?


c0122685_18424688.jpg
c0122685_18424629.jpg
c0122685_18424779.jpg
c0122685_18424765.jpg
c0122685_18424799.jpg
c0122685_18424772.jpg
c0122685_18424740.jpg
c0122685_18424866.jpg
c0122685_18424898.jpg



[PR]

by photoartplan | 2018-05-29 19:01 | 写真雑感 | Comments(0)


2018年 05月 06日
サンデーハーフ、コーヒーカップ
 
「サンデーハーフ」或るひと時

素朴な味のコーヒーカップ2対
「母の日」にとくれた心尽くし
手作りパンケーキなどを乗せて
昼の軽食にしたコーヒーセット


c0122685_16552825.jpg





[PR]

by photoartplan | 2018-05-06 17:10 | 写真雑感 | Comments(0)