『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




カテゴリ:台湾旅情( 36 )



2017年 05月 05日
BlogBook「台北旅情」のお知らせ
「台北旅情」をブログブック調に再編集し
ホームページ Photo Art にアップしました

時系列的に並べ直しておりますので
テーマへの関わり推移が解り易いと思います
 

BlogBook「台北旅情」 
c0122685_8143717.jpg

 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2017-05-05 13:12 | 台湾旅情 | Comments(0)


2016年 06月 30日
また食べたア〜イス
 
暑くなると
また食べたくなる
行きたくなる台湾
 
 
c0122685_2285047.jpg


 
c0122685_224349.jpg


 
c0122685_2242179.jpg


 
c0122685_2244190.jpg


 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-06-30 23:54 | 台湾旅情 | Comments(2)


2016年 05月 08日
台北気儘的散策(4)淡水(4)阿給
 
台北近郊の街「淡水」
 
台北から北方面へ地下鉄で約45分
淡水河の最下流、河口に位置する街
 
台北人にとってはオアシス的な処
平日でも午後からはごった返する

我々はそんな時間帯等は避けて
いくらかでも人気が少ない時に
そして少ない場所を選んで歩く
毎度の事ながらへそ曲りな散策

 
そんな案配で朝のうちに到着し
お目当てだったのがこちらの味

「阿給」(アーゲイ)
日本の厚揚げからきた名だとか
 
厚揚げの中に味付けした春雨を
たっぷりねじ込んで魚すりみで
フタをし蒸し上げて出汁を浸す
そこにタレ汁とピリ辛を落とす

そう特別な味ではない
懐かしい味でもあるし
そこそこお腹にもなる
この街のソウルフード
であり朝食の定番とか

また此処は一番の老舗
だから早く来ないと
売り切れご免となる
そんな代物、庶民の味
この街でしか食せない
 
観光客通りではない
そんな裏はずれでの
そんなひと時こそが
旅の醍醐味でしょう
 
 
c0122685_13492283.jpg


 
c0122685_144051.jpg


 
c0122685_13504720.jpg


 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-05-08 14:13 | 台湾旅情 | Comments(0)


2016年 05月 05日
台北気儘的散策(3)淡水(3)紅毛城
 
台北近郊の街「淡水」
 
台北から北方面へ地下鉄で約45分
淡水河の最下流、河口に位置する街

その昔、大航海時代の流れの中で
スペインはこの地にも進出し要塞
を築き占領した

この要塞はその後オランダ、清朝
そしてイギリス領事館と領主は変
わるが、これが後の「紅毛城」で
オランダ人=紅毛人の城の意とか
 
河口に侵入する敵を高台から狙う
大砲群の姿はその歴史が偲ばれる
しかし、何故高台の奥まった所に
と思いきや・・・

これら古式大砲群はイギリス人が
その後装飾として持ち込んだとの由
どうりで高台の淵に座ってない訳だ
 
 
今やその敷地は観光スポットとして
学校の遠足授業や結婚式の前撮り等
大いに賑わっている

紅毛城の建物は修復中で見学できず
残念、高台まで上がって来たのに…
  
 
c0122685_13123931.jpg


 
c0122685_14133011.jpg


 
c0122685_19111672.jpg


 
 
 
またこの地は台湾島で一番最初に
西洋文明に触れた地であるわけで

且つ宣教師であり西洋医療、教育
に多大な貢献を果たした馬偕先生
このDoctor Mackay氏の足跡が
この地にはたくさん残っている

この「真理大学」もその一つ
留学生も多い学生の街でもある
 
 
c0122685_19123252.jpg


 
c0122685_1472793.jpg


 
c0122685_19132294.jpg


 
 
馬偕(マカイ)先生の旧居、風情ある雰囲気
カナダから身一つで上陸し、台湾人と結婚し
伝導と医療機関に、そして教育の普及に勤め
その礎を築いていった大きさは計り知れない

 
c0122685_13132449.jpg


 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-05-05 12:51 | 台湾旅情 | Comments(0)


2016年 05月 03日
台北気儘的散策(2)淡水(2)岸辺
台北近郊の街「淡水」

台北から北方面へ地下鉄で約45分
淡水河の最下流、河口に位置する街

その昔、大航海時代の流れの中で
この地にも西洋列強が踏み込んで来た

スペインに始まり、その後オランダが
そして、時代の変遷と共にイギリスと
統治主を変えながらも台湾最大の港街
そして台北に通じる港街として大いに
栄えてきた

しかしその後、河口への土砂の堆積は
大型船の入港を邪魔する事となる
その役は「基隆」へと移っていき
以降は静かに漁村へと変わっていく
 
 
 
 
c0122685_15453045.jpg


 
 
c0122685_23291142.jpg


 
 
c0122685_15461633.jpg




c0122685_14375069.jpg


 
 
c0122685_14403891.jpg


 
 
c0122685_23301366.jpg




c0122685_14345755.jpg


 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-05-03 15:56 | 台湾旅情 | Comments(0)


2016年 05月 02日
台北気儘的散策(1)淡水(1)序章
 
台北近郊の街「淡水」

台北から北へ地下鉄で約45分
15分程で地上に出ると車窓は
プチ旅気分を楽しませてくれる

やがて右手には高層マンション群や
左手には淡水河を眺めながら走ると
もう着いてしまった賑やかな終点駅

台北人にとってはオアシス的な処
平日でも午後からはごった返する
デイトスポットとしても超人気で
美しいサンセットが拝めると有名
 
 
我々はそんな時間帯等は避けて
いくらかでも人気が少ない時に
そして少ない場所を選んで歩く
毎度の事ながらへそ曲りな散策
 
 
 
 
c0122685_1224830.jpg



 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-05-02 23:32 | 台湾旅情 | Comments(0)


2016年 03月 23日
美食天国台湾(7)雙連朝市
 
今回は
台湾のソウルフード
「小吃」を味わう旅

「小吃」(シャオチー)とは
まさしく「小皿」文化であって
その種類は多彩で価格は庶民的
台湾の外食文化の一翼をになう

 
(前回から続く)

台湾と言えば「夜市」と言われる程
食文化の代表的なひとつでしょうが
やはり「朝市」も庶民の台所として
台湾人の生活が窺える場であります

こちらは地下鉄駅そばの「雙連朝市」
朝食の「鹹豆漿」を食べに行ったついでに
たまさか立ち寄った朝市、一発で気に入り
最終日も土産調達に朝出駆けて行った次第

こちらもお寺を求心力に成立したのでしょう
お参りに来て食料等調達し帰る台北庶民です
 
 
 
c0122685_217445.jpg

地下鉄、雙連駅すぐそば
 
 
c0122685_2181180.jpg

(概算)1元=4円
 
 
c0122685_218315.jpg

自宅用土産に、たまらず鴨のローストを
 
 
c0122685_2185541.jpg

熱のこもったプレゼン、商品の女性用肌着を身に着け
そして熱心に聞き入る群衆、酔いしれ共有された世界
 
 
c0122685_219296.jpg

露店が並ぶ一本路地の奥の方にあったお寺「文昌宮」


c0122685_1223973.jpg

さしずめお寺への参道脇にできた出店市場のような様相
 
 
c0122685_2195049.jpg

ある一角は、「魚屋」の隣に女性用「下着屋」
 
 
c0122685_21102521.jpg

こちら、ドライフルーツ屋さん
一心にナツメに関心を寄せる我が連れ
 
 
c0122685_2111433.jpg

実に旨そうな「小吃」の数々を、道の角地の地べたの上に
 
 
c0122685_21115351.jpg

ちょっと脇道にそれて
たまさか入った「潤餅」屋さん
実は「知る人ぞ知る」店でした
旨い所は皆さんよく知っている
 
 
c0122685_21124114.jpg

こんな風に何種類ものネタと薬味を入れて包む
味見させて頂くと薬味の一つはきな粉でした
 
 
c0122685_2113993.jpg

ネタの数々、惜しげもなくたくさん入れてくれる
左側の小皿に各自お代の小銭を入れるしくみ
 
 
c0122685_21133938.jpg

お忙しい中優しくご対応ありがとうございました
 
 
c0122685_221882.jpg

こちら持ち帰った潤餅、たっぷりと具が詰まっている
空港で待ち時間にゆっくりと台湾の食を味わうひと時


今回も気ままなふたり旅、大いに味わった「小吃」
しかしまだまだかすり傷程度、奥が深く、幅が広い
「美食天国」台湾、なかなかに面白い、愛すべき国
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-03-23 22:09 | 台湾旅情 | Comments(0)


2016年 03月 03日
美食天国台湾(6)牛肉炒飯 諸々
 
今回は
台湾のソウルフード
「小吃」を味わう旅

「小吃」(シャオチー)とは
まさしく「小皿」文化であって
その種類は多彩で価格は庶民的
台湾の外食文化の一翼をになう

 
(前回から続く)

そんな小吃を副菜として食しながら
主菜として味わってみたのがこちら

炒飯で一番旨い店と評判の牛肉炒飯
それに台湾のソウルフード・牛肉麺


そして台北の朝食を代表する食べ物
非常にヘルシーで身体に優しい豆乳
少し甘味がついている豆乳そのもの
それに、お酢を加え若干固めたもの

まさしく外食文化であり、持ち帰り文化
多くの人はテイクアウトし仕事場で食す
しかも始業時間関係無く食べ始めるとか

日本で息苦しくなった方にはお勧めの国
かな? 蛇足でした・・・
 
 
 
c0122685_2035755.jpg

旨っ!「牛肉炒飯」
緑は空芯菜、見た目程油濃くはない
 
 
c0122685_2064761.jpg

屋号は「民生炒飯」
小汚い半分露天の店、でも席は満席
しかもテイクアウト客が次から次と
やってきては並んで待っている
 
 
c0122685_2054255.jpg

こちらお品書き
排気ダクトがいくつもとぐろ巻き
 
 
 
 
c0122685_2072429.jpg

「清燉牛肉麺」
国産牛だけでとった透明なスープに麺
お味は上品、あっさり、しかし濃厚か
 
 
c0122685_207521.jpg

小菜は空芯菜の炒め物、あっさり味でした
 
 
c0122685_2081365.jpg

屋号は「金春發牛肉店」、牛肉に拘った創業120年の老店(老舗)
こちらも非常に有名、前回は休店日で悔しく、今回再トライ
 
 
c0122685_2083634.jpg

こちらお品書き
 
 
 
 
c0122685_209636.jpg

朝食の定番、一食目にはぴったし
左が「甜豆漿」甘みのある豆乳で
右は「鹹豆漿」これが実に美味い


c0122685_2093668.jpg

「鹹豆漿」に「油條」(揚げパン)を好みで浸す
少し固まり気味で、ふっくらした茶碗蒸し的食感
お酢にネギやザーサイ、塩気、好みでラー油少々
これは病み付きになる事間違いない、保証します

 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-03-03 20:11 | 台湾旅情 | Comments(2)


2016年 02月 23日
美食天国台湾(5)「小菜類」
 
今回は
台湾のソウルフード
「小吃」を味わう旅

「小吃」(シャオチー)とは
まさしく「小皿」文化であって
その種類は多彩で価格は庶民的
台湾の外食文化の一翼をになう

 
(前回から続く)

今回は「小菜」類

これこそ種類は多彩で食の豊かさを実感する
野菜類、玉子、魚や肉類等の煮付けや茹で物
特に葉物類の煮付け等、野菜が非常に美味い
そう、煮玉子もたまらない


台北から淡水を一時間程上った所にある老街
その昔水運の港として大いに栄えた「三峡」
 
 
c0122685_0593658.jpg



c0122685_22261924.jpg


 
 
その地でたまさか入ったとある店なんですが
食した一例がこちら、何処でもはずれが無い
しかもお安い、庶民的、嬉しくなる、幸せ!
 
 
c0122685_2231886.jpg


 
c0122685_22314587.jpg


 
c0122685_22321759.jpg


 
c0122685_22325239.jpg

油豆腐、滷筍絲
 
 
c0122685_2233278.jpg

大陸妹、猪脚腿
 
 
c0122685_22335034.jpg

こちら、大陸妹の茹で汁に猪脚腿を混ぜ混ぜして
辛し系タレを落としてみると・・・これが、最高
でした!
 
 
c0122685_2254134.jpg

お品書きは、こちら! 
 
  
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-02-23 23:18 | 台湾旅情 | Comments(0)


2016年 02月 03日
美食天国台湾(4)「湯類」
 
今回は
台湾のソウルフード
「小吃」を味わう旅

「小吃」(シャオチー)とは
まさしく「小皿」文化であって
その種類は多彩で価格は庶民的
台湾の外食文化の一翼をになう

 
(前回から続く)

今回は「湯」類

ご飯ものに、小菜もの等々
小皿ものを巧く組み合わせ
非常にバランスの良い食事
を組み立てている
小皿文化を実感するところ

そんな時に皆さん必ず組み
合わせるのが「湯」もので
つまり各種スープが定番だ
で、もちろんこれも小さめ
のお椀で供される
 
 
 
c0122685_1955656.jpg


これは少し大きめのお椀で出されたスープだったけど
さわらの唐揚げがふんだんに入ったとろみ系スープで
あっさりしたさわらが油とあんかけとが絶妙に調和し
大体があんかけ系が好みの私、たまらなく美味かった
 
 
c0122685_1962853.jpg


お店はこちら、永楽市場そばの三強の一つ、台南発祥
 
 
 
 
c0122685_1985779.jpg


そしてこちらも永楽市場そばのお店
やはり人が集まる所には、美味処も集まるという事か
 
 
c0122685_1992010.jpg


実はこの店、「孤独のグルメ」でとりあげられた所 
 
 
c0122685_23293214.jpg


こちらでは、お品書きの通り「湯」類を攻めてみた
 
 
c0122685_1971471.jpg


先ずは五郎さんも食べた「下水湯」
誰でもがその「下水」の名に怖じ気付くでしょうが
これはなんと「砂ずり」の事、食してみると美味い
やはり新鮮なものは臭みなどしないんでしょうねえ
お好みでつまんだ砂ずりを辛し系タレにつけて食す
五郎さんはスープにタレを入れてしまってたけどね
 
 
c0122685_1973234.jpg


こちら「はまぐり湯」
小ぶりだけどプリプリしてました
生姜の千切りが程良く効いていた
 
 
c0122685_1975227.jpg


こちらは「魚丸湯」
魚のすり身スープ、練り物系大好き
こちらのは中に挽肉が入っていたり
私的にはすり身だけの方が好みだが
 
 
c0122685_199524.jpg


こちらの奥様、現在日本語を勉強中とかで
五十音の「書き方」帳を見せてくれた
立派なもんです、見習わなくては
 
 
c0122685_1910162.jpg


最後には我が細君と二人
感激し合って握手してお別れした
 
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-02-03 01:21 | 台湾旅情 | Comments(0)