人気ブログランキング |
『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)







exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




2019年 08月 08日
久方ぶりに生月、平戸を訪ねて(5)田平教会
 
生月島、平戸島からの帰り際、久しぶりに田平天主
堂に立ち寄った。

厳かな教会の姿は、斜めに傾いた陽の光を受け、変
わらぬ美しさを放ち、最初に訪れた頃の事など思い
出された。

また、夕刻の海に向かって立つクロスを冠する墓石
群には、変わらぬ穏やかな空気を感じながら、久々
に周囲を見てみると・・・ 海に向かって立ち並ぶ
樹木の枝が伸び葉が茂り、海への見晴らしが遮られ
てきた感がし、世の習い時の流れもまた感じられた。

そして、またここに身を置く事ができた事、つくづ
くも幸いな事だと感じ入る。 ありがたい!



c0122685_18081536.jpg


c0122685_18081558.jpg


c0122685_18081514.jpg


c0122685_18081539.jpg






# by photoartplan | 2019-08-08 20:57 | 教会群撮影紀行 | Comments(0)


2019年 08月 07日
久方ぶりに生月、平戸を訪ねて(4)春日集落
 
初めて訪れたここは、平戸島の西北域に位置する「春日集落」。
世界文化遺産に認定された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン
関連遺産」の中のひとつ。

この地一帯、生月島、平戸島西域は、一斉改宗された信徒の多
くが弾圧から逃れる為潜伏した。

「隠れキリシタン」と称されるように、文字通り「隠れ」て、
あるいは「偽装」して、「オラショ」や「納戸神」そして
「マリア観音」等々工夫しながら潜伏してきた。


この地「春日集落」は地理的に、安満岳から伸びる二つの尾根
に挟まれた長さ1キロほどの谷に位置していて、県道19号線
が開通する迄は背後の安満岳中腹まで登って外へ抜けるか、あ
るいは船で生月島方面へ行くのか、のいずれしか外界との方策
は無かった。

今でこそ車でアップダウンしながらもすぐに到着するが・・・
まさしく外界を断ち、目立たずひっそりと「潜伏」するには相
応しい地だったのだろう。


だから、ず〜っと昔のまんまの地理的景観が残っており、彼等
が何を信仰の「よすが」としてきたのかが偲ばれるのだとか。

それは、土着の信仰、神道、仏教、自然崇拝等と混合しながら
独自の形を作り信仰し続け、その姿は集落全体を見渡せる小高
い山「丸尾山」に残る「石祠」等にもその名残りが見られる。
この集落に潜伏してきた信徒達は、解禁後もカトリック教には
復帰せず、教会という施設は無い。


この丸尾山からはキリシタン墓地が発掘されている。その頂上
は1坪程の狭さで、そこに在る石祠にはお水やお賽銭が供えら
れていた。暑い中を軟弱年寄りにはきつかった登り道、ひと息
ついて頂上から見渡してみると、なんとそこからは集落の姿全
体を見ることができ、緑いっぱいの棚田が眩しかった。

そんな頂上に在る「石祠」は、やはり今も尚、昔と変わらずに
集落の立派な棚田を見守っているのだろうなあ、と感じられた。




c0122685_13193004.jpg


c0122685_13335506.jpg


c0122685_13335561.jpg


c0122685_13193014.jpg


c0122685_13192985.jpg






# by photoartplan | 2019-08-07 13:47 | 教会群撮影紀行 | Comments(0)


2019年 08月 06日
久方ぶりに生月、平戸を訪ねて(3)山田教会
 

ちょうど10年ぶりの再訪。
2009年5月の連休の時に息子と二人で車中泊し、
田平から平戸、そして鷹島と教会群を撮影して廻った。

長崎から世界遺産を
「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」
の発信に基づいて、応援の気持ちと切迫感に押されて
の事だったことを思い出す。

そして当時売り出し中の「ノンアルコールビール」を
飲みながら、面白おかしく親子二人での車移動の珍道
中、熱心に撮影して廻った事なども思い出される。


さて、その後見事に世界遺産に登録され、当時訪ねた
教会を改めてWebでチェックしてみると、山田教会の
外観が大きく変わっていた。ぱっと見では、(同じく
鉄川与助の設計だった事もあり)頭ヶ島天主堂の造り
と同じに見えた。そこでこちらだけは現地で確認せね
ばと立ち寄ってきた次第。


現地で見てみると、元々のコンクリート壁に砂岩の
タイルを貼ってリフォームしたようだ。

堂内にあった資料を見させて頂くと、痛んできた構造
を翌年の2010年に内外改装されたとの由。

残念ながら現在は、堂内の撮影は禁止されていた。
また、2階へも立ち入り禁止になっていた。堂内撮影
は叶わなかったが、外観は変われど堂内の装飾の見事
さは衰える事は無く、穏やかな心持ちにしてくれる空
気感に変わりはなかった。

是非、前回アップしている内容をご参照頂きたい。
とりわけ、壁面の魚介類をモチーフにした装飾が今も
尚、色褪せる事なく素晴らしく、信徒さんの生業が漁
業である事に人生の営みに根ざしている事を感じさせ
られる。
 
 
c0122685_21153147.jpg


c0122685_21153127.jpg


c0122685_21153140.jpg


c0122685_21153282.jpg






# by photoartplan | 2019-08-06 21:14 | 教会群撮影紀行 | Comments(0)


2019年 08月 05日
久方ぶりに生月、平戸を訪ねて(2)大バエ灯台

鷹島の最北端に位置する大碆鼻(オオバエバナ)。
碆(はえ)」とは方言で、海に突き出た岬状の岩礁とか。
朝鮮半島と日本との渡り鳥の中継地点になっているのだと。

そんな崖の高さ80mにもなる突端に立つ白亜の灯台。


c0122685_12202188.jpg


c0122685_12202150.jpg


c0122685_12202158.jpg


c0122685_12202117.jpg



# by photoartplan | 2019-08-05 12:28 | 旅紀行 | Comments(0)


2019年 07月 31日
久方ぶりに生月、平戸を訪ねて(1)
 
久方ぶりに西海方面へ足を延ばした。
先ずは、平戸、そして生月島まで。

生月島に渡る生月大橋が見えてきた。
海に調和する明るいブルー色をした
トラス構造の姿は非常に美しく、夏
風景によく似合う。

吊り橋が多い中でこのトラス構造の
橋は珍しく、本当に心惹かれる。我
が琴線に触れるあのハノイの「ロン
ビエン鉄橋」を連想する。
 
 

c0122685_22134668.jpg

c0122685_22134904.jpg

c0122685_22135431.jpg

c0122685_12332012.jpg

c0122685_22140591.jpg

c0122685_22140813.jpg






# by photoartplan | 2019-07-31 22:38 | 旅紀行 | Comments(0)