『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




2018年 07月 01日
写真集「マカオ・スケッチ」完成

個展 =撮影紀行=「ベト鉄『沿線模様』の
補完コンテンツとして計画している写真集のひとつ、
「マカオ・スケッチ」が仕上がって、手元に届いた。


タイトル)
「 Macau Sketch 」
Indochina Round Trip

仕様)
・A5判タテ 142頁 
・無線綴じ、くるみ製本、巻カバー
・レーザープリンター印刷

内容補足)
先に出した「ボウチャイハンのおじさん」を
目次に含め総集編版、的な位置付けとした。

まえがき)

香港 〜 マカオ 〜 ハノイ 〜 ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅


「マカオ」
歴史の重層 と 異文化共存

宗教改革から500年、「対抗宗教改革」の思いに
突き動かされたイエズス会の活動の拠点となった地

その昔小さな漁村だった島、大航海時代に辿り着いた
ポルトガル人が、目の前に在った「航海の女神」を
祀る「媽閣廟」の名前を聞き、この地を「マカオ」
と呼んで、その名を世界に馳せていく      
その時から正しく「異文化共存」の歴史は始まった

そして香港返還が20年前、マカオ返還はその2年後
今や観光立国等により一人当たりGDPは世界トップ
人口密度も世界トップ、教育費は無料
更には医療費も無料で、最長寿国とか

そんな地、初めて訪れた地
ディープに実感したい、興味津々の地




c0122685_16302986.jpg

c0122685_16302931.jpg

c0122685_16302955.jpg

c0122685_16303024.jpg

c0122685_16303095.jpg









[PR]

by photoartplan | 2018-07-01 17:45 | 写真展 | Comments(0)




<< 写真集「マカオ・スケッチ」仕上...      1年の「ハーフタイム」6/30に記す >>