『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




2017年 09月 24日
インドシナ周遊の旅(58)ハノイ(24)タンロン遺跡
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅
 

「千年都市ハノイ」
ついつい来たくなる地
 
そんな地のいわゆる観光スポット
文廟の他にやっと訪れた所がここ

タンロン遺跡
世界文化遺産に登録された旧ハノイ城の遺跡

「タンロン」(昇竜)は、ハノイの旧名称で
11世紀から、阮(グエン)王朝がフエに移
す19世紀までの約800年間、歴代王朝が
都を置いた

遺跡は発見されまだ日も浅く、今も発掘作業
が進められていて、巨大な写真パネルでその
状況が貼り出されていた  
 
 
 
c0122685_1345214.jpg

 
c0122685_134522.jpg

 
c0122685_14281226.jpg


c0122685_1345180.jpg

 
c0122685_1345047.jpg

 
 
 
 
実は、ここでアクシデントがあって、我が連れ、細君には未だに笑われる。
(連れ合いの不幸を大笑いするとは・・・)

この場面、撮りたいものだと添景を待っていたが、なかなか来ない。しば
ら〜く経ってふり返って見てみると、ノン姿の若い二人が歩き寄って来て
いる。

千載一遇と、若干不安がよぎりながらも、小走りに超急いだ。 案の定、
雨で濡れた石畳の上で、再び泣き出しそうな雲行きの空を凝視するはめに
なってしまった。(私の心も泣き出しそう・・・)

カメラボデーは防いだがレンズフィルターが割れてしまい、しかもはずせ
ない。焦りながらも、仕方なくレンズ交換し、やっとの思いで撮ったのが
このカット。

忘れ難い情けない記憶と今後への戒めとして、連れの勧めでアップして
おきたい。

(旅先での怪我にならず不幸中の幸い)
(転んでもただでは起きないぞの信念)
(連れも助けてくれないぞと自助努力)
 
 
c0122685_1345072.jpg

 
 
 
 

[PR]

by photoartplan | 2017-09-24 00:05 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)




<< インドシナ周遊の旅(59)ハノ...      旅図録「ベト鉄沿線模様」のお知... >>