『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




2016年 05月 15日
麦穂の表情
 
光の当たり方や
その時刻の経過
狙う画角の違い

そんなもので大きく
表情を変える麦の穂

久々に望遠を使ってみると
当然観る目が変わってくる
やはり写真が変わってくる

(新レンズ試し撮り)
 
 
 
c0122685_1163552.jpg

 
 

c0122685_117137.jpg


 
 
c0122685_1174040.jpg


 
 
c0122685_118096.jpg


 
 
撮影機材、データ: 
FUJIFILM XE-1, Fujinon XC50-230mm f4.5-6.7
焦点域135mm, 230mm(35ミリ換算 200mm, 350mm)
絞り:全て開放、SS:1/8S, 1/60S
 
非常に安価なレンズだが、なかなかあなどれない
ただ暗いという点だけ我慢と工夫する必要がある
その代わり、非常に軽量コンパクト、素晴らしい
使う機会が少ない今の私にとっての携帯用レンズ
としてはピッタリでした、しかも超お買い得です
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-05-15 01:24 | カラーフォト | Comments(0)




<< 頂き物・たくさんの「梅」      麦秋 >>