『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




2016年 03月 23日
美食天国台湾(7)雙連朝市
 
今回は
台湾のソウルフード
「小吃」を味わう旅

「小吃」(シャオチー)とは
まさしく「小皿」文化であって
その種類は多彩で価格は庶民的
台湾の外食文化の一翼をになう

 
(前回から続く)

台湾と言えば「夜市」と言われる程
食文化の代表的なひとつでしょうが
やはり「朝市」も庶民の台所として
台湾人の生活が窺える場であります

こちらは地下鉄駅そばの「雙連朝市」
朝食の「鹹豆漿」を食べに行ったついでに
たまさか立ち寄った朝市、一発で気に入り
最終日も土産調達に朝出駆けて行った次第

こちらもお寺を求心力に成立したのでしょう
お参りに来て食料等調達し帰る台北庶民です
 
 
 
c0122685_217445.jpg

地下鉄、雙連駅すぐそば
 
 
c0122685_2181180.jpg

(概算)1元=4円
 
 
c0122685_218315.jpg

自宅用土産に、たまらず鴨のローストを
 
 
c0122685_2185541.jpg

熱のこもったプレゼン、商品の女性用肌着を身に着け
そして熱心に聞き入る群衆、酔いしれ共有された世界
 
 
c0122685_219296.jpg

露店が並ぶ一本路地の奥の方にあったお寺「文昌宮」


c0122685_1223973.jpg

さしずめお寺への参道脇にできた出店市場のような様相
 
 
c0122685_2195049.jpg

ある一角は、「魚屋」の隣に女性用「下着屋」
 
 
c0122685_21102521.jpg

こちら、ドライフルーツ屋さん
一心にナツメに関心を寄せる我が連れ
 
 
c0122685_2111433.jpg

実に旨そうな「小吃」の数々を、道の角地の地べたの上に
 
 
c0122685_21115351.jpg

ちょっと脇道にそれて
たまさか入った「潤餅」屋さん
実は「知る人ぞ知る」店でした
旨い所は皆さんよく知っている
 
 
c0122685_21124114.jpg

こんな風に何種類ものネタと薬味を入れて包む
味見させて頂くと薬味の一つはきな粉でした
 
 
c0122685_2113993.jpg

ネタの数々、惜しげもなくたくさん入れてくれる
左側の小皿に各自お代の小銭を入れるしくみ
 
 
c0122685_21133938.jpg

お忙しい中優しくご対応ありがとうございました
 
 
c0122685_221882.jpg

こちら持ち帰った潤餅、たっぷりと具が詰まっている
空港で待ち時間にゆっくりと台湾の食を味わうひと時


今回も気ままなふたり旅、大いに味わった「小吃」
しかしまだまだかすり傷程度、奥が深く、幅が広い
「美食天国」台湾、なかなかに面白い、愛すべき国
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]

by photoartplan | 2016-03-23 22:09 | 台湾旅情 | Comments(0)




<< 春の佳日      美食天国台湾(6)牛肉炒飯 諸々 >>