『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




2015年 07月 26日
香港「文武廟再訪」
 
HongKong Sketch
 
 
 「文武廟」(マンモウミュウ) 再訪
 
香港最古の道教寺院、「文武」読んで字のごとく
文学の神様である文昌帝と武道の神様である関羽
(=関聖帝君)が祀られている

久方ぶりの再訪、非常に楽しみにしていた
相変わらず巨大線香の数々が吊り下げられ
その香りと煙りで寺院内は満ち溢れていた
息苦しくなるぐらい渦巻き線香は絶えない
 
 
思い出す事など若干ふりかえってみると
封印を解いた海外撮影行の最初が香港で
その引き金はこの巨大渦巻き線香だった
その姿と空気感は50になったカメラマン
にとって素朴に写欲をそそるものだった

今も変わらず大量の煙を発する巨大線香は
この地の人々の営みの証として健在だった 
  

 
 
c0122685_19523894.jpg



 
 
c0122685_19535056.jpg



 
 
c0122685_19544070.jpg



 
 
c0122685_19551376.jpg



 
 
c0122685_1955475.jpg



 
 
c0122685_19562898.jpg



 
 
c0122685_20545577.jpg



 



 
[PR]

by photoartplan | 2015-07-26 19:15 | 香港スケッチ | Comments(2)
Commented by TributeMS at 2015-07-26 20:45
私もここは訪れました。写欲そそられますよね!
この渦巻き線香への着火はガスバーナーでするんですよね。
そのギャップがなんか面白く感じたのを覚えています。
Commented by photoartplan at 2015-07-26 23:24
これだけの数とこの大きさですから、火をつけるのも大変ですよね。
しかし、この光景こそが目に飛び込んでくる魅力ですよね。




<< ホームページ更新      香港「トラムトリップ」(8)車体広告 >>