『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




2011年 01月 08日
 平和を願って
今回の私の年賀状に対し、色々と返信をいただいた。
ペシミスト的深いご意見、オプティミスト的な力強いご意見、
あるいは作品に「癒し」を感じたとのご感想など・・・

ひとつひとつが、私にはその方のお考え、お人柄が感じられ、
なるほど、と感じ入りながら読ませていただいた。

どの方にも感じる共感点は、
かすかであろうが、あるいは、当然であろうが、
皆が平等に「平和」で、「笑」って暮らせる世の中であってほしいと、
皆さんが一同に願っている、という事。

そして同時に感じた事には、
写真はその撮り手と、感じ手で成立するものなんだと。
そこには、双方の想いと情緒みたいなものが存在する。

私のつたない作品と、想いを込めた言葉に対し、
受け止めて、対応していただき嬉しい限りです。
改めて今年もよろしくお願いいたします。




c0122685_1914429.jpg



比嘉康雄(基地問題に揺れる沖縄で、沖縄人にしか撮れない写真とは何かを追求した、沖縄を代表する写真家)の作品。
抵抗運動によくあるシュプレヒコールの姿ではなく、憂える眼差しの地元民。
[PR]

by photoartplan | 2011-01-08 21:15 | 写真雑感 | Comments(0)




<< 明洞のアジョシ      初詣 生命をつなぐ >>