『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




2009年 02月 13日
赤レンガ会の「赤煉瓦文化館誕生百年祭」出展ご案内
c0122685_0593555.jpg

c0122685_1204349.jpg

先人も歩いた石畳から足音が聞こえる
先人も見た赤煉瓦の外はまどろむ風景

パリの街に初めて足をおろした時、石畳の深さを感じた
ドワノーやエルスケン、あるいはサルトル、ボーヴォワールをも
感じたかったのであろう
おそらく同時に歴史の深さをも感じたのであろう

パリっ子達は
石畳の深さを感じながら
セーヌに見守られながら
歴史を今に活かしながら
今を生きている

この赤煉瓦の中に身を置き、波打つガラス越しに窓の外を見てると、
街風景は陽炎のようにまどろみ、いつしか今と昔とが交錯して見えてくる
そんな、時をトランスポートしてくれる不思議な力をもつ異空間
喧噪の都会の中に在って、心のオアシス、赤煉瓦館

(牧瀬英喜のホームページ PhotoArt's Homepage は、こちらから)
[PR]

by photoartplan | 2009-02-13 01:06 | 写真展 | Comments(6)
Commented by penta_LX at 2009-03-22 19:02 x
いつも楽しく拝見しています。
ここにあるパリの写真と、京都駅で開催されていた
ドワノーの写真展に触発されてハネムーンでフランス
に行くことになりました。
”パリの恋人”や”アメリ”を見ながらフランスについて
勉強中です。
自分たちの文化に誇りを持つパリっ子たちの心意気に
触れることが出来たらと思います。

休みがなかなか取れないみたいですが、体には十分
気をつけてくださいね。
Commented by photoartplan at 2009-03-22 23:19
フランスですってねえ。
パリももちろんいいし、リヨンもいいですよ。
ただ遠いんですよねえ。
でも新婚の二人だから、狭いエコノミーシートも苦にならないか。
何月に行くんでしょう?
ポンデザール、芸術橋には必ず行ってみましょう。
写真たくさん撮ってきてください。
Commented by penta_LX at 2009-03-24 00:51 x
こんばんは。出発は4月4日です。
実は最近フィルムカメラを買いまして・・・。
PENTAXのLXです。自分でもびっくりです。
レンズは、43mmと77mmです。
このレンズが使いたくてNIKONからPENTAXに行きました。
もちろんフランスに連れて行く予定です。
レンズは、43mm一本のみで決心したのですが、
カラーポジ、カラーネガ、モノクロネガ、どのフィルムを
どれだけ持っていくか悩んでいます。
ある意味、今が一番楽しいのかな・・・?
写真に夢中になりすぎて奥さんに怒られないように
注意しなきゃな・・・。
Commented by photoartplan at 2009-03-25 23:36
ペンタLXですか。これは、名機です。
非常に懐かしい。
43mmf1.9ですか。これは、名玉です。
昔からsmcレンズは良かった。
味が有るレンズが多かった。
実は今私はパンケーキレンズのDA40mmF2.8を使いたくて
ボデーを調べているところですが・・・

ペンタ67を一時期使っていた事が有り、まだ手元に残しています。
もう私はフィルムには戻れないような気がしますが、
色々と考えるとまだまだフィルムには勝てないところがデジタルには有り、
例えばコンパクトカメラであのボケが生み出せる35mmフォーマットはまだ無いですよね。
CONTAXのT2とRICOHのGR1だけでも場面によっては少し復活させようかと考えたりもしています。

フィルムカメラ、いいんじゃないですか、勉強になると思いますよ。
応援してます。
頑張って、そして楽しんでください。
空港でのX線に気をつけて。
鉛を貼ったガード袋が市販されていますが、むしろ使わない方がいいと思います。
強いX線をかけられる事にならんとも限らない。
中身が見える袋に入れて、「This is film」と手渡す方が最良と思いますよ。

気をつけて行ってきてください。
Commented by penta_LX at 2009-03-26 00:33 x
アドバイスありがとうございます。
ちょうどX線防止袋(?)を買おうかな・・・と思っていたところです。
助かりました。浮いたお金はフィルムに回します。

LX、非常に良いです。倍率0.88倍のファインダーは、
大画面を見ているようで、ピント合わせが楽しくてたまりません。

知ってました?LXの発売日は、1980年6月だそうです。
俺と同じ誕生日。運命を感じました。
自分と同い年のカメラを使う。すごく幸せだと思いませんか?
Commented by photoartplan at 2009-03-26 22:06
そうでしたか。同い年ですか。いいですねえ。
かわいがってやってください。
昔、確か、木製のグリップが出てたような・・・
DXとFXフォーマットの違いで、やはり大きいと気分が晴れる。
ペンタ67などはホントに大スクリーンですよ。




<< 雪の赤煉瓦館 祝賀リボン      赤レンガ会の「赤煉瓦文化館誕生... >>