『主観・あれこれ写真三昧』(マイフィルター・アレコレ・フォトグラフィー)





exciteブログでは、不本意ながら自動的に広告が掲載されるようになりました
《表示されている全ての広告は、当サイトとは一切関係が無い事をお知らせ致します》




2017年 06月 26日
インドシナ周遊の旅(23)マカオ(14)味わう
 
 
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅


「マカオ」 初めて訪れた地
ディープに実感したい興味津々の地

今回の旅のテーマは
・食へのこだわり
・路線バスの活用
等を通して市井の営みを実感する

  
ホテルの裏通りを散策していると
若者達が並んでいるお店が在って
しばらく観察してみた
どうも地元では有名な店のようで
我々も列に並んでお買い上げなり

炭焼「杏仁餅
後から知ったけどマカオ名物だと
こちらのは炭焼きが売りなのかも
上品なお味で、微かな甘みが良い
でも若者にそんなに受けるかな?
 
 
c0122685_19322392.jpg

 
c0122685_1932424.jpg

 
c0122685_1933342.jpg

 
c0122685_19332156.jpg

 
c0122685_19333684.jpg


c0122685_2145864.jpg

「最香餅家」
 
 
 
(食に関して乱暴な個人的感想を)
素材重視のシンプルだけど、味のある
そんな食べ物はよく見受けられるけど

市井の食ではあまりポルトガルの影響
名残りを感じなく、エッグタルト位で
パンとかデニッシュとか多様さを見ない
あまり変化形、発展形を見なかったような
ベトナムとかとは若干様相が異なるような
そんな印象が残っている

まあまあ、短い時間での突っ込み不足
なんでしょうが・・・

 

 
こちらは福隆新街の近くにある缶詰屋
ポルトガル本社がこの地へ進出した新店
当然全て直輸入、その種類はたくさ〜ん
迷いに迷ってお土産と自宅用に2種ずつ

ポルトガル名物・鱈の薄塩味の水煮と
鰯のトマト味ピリ辛オイルサーディン
どちらも美味、お酒とパスタとで堪能
 
c0122685_1941636.jpg

 
c0122685_20513143.jpg

"Laja das conservas macau" 

 
 
福隆新街にあるフカヒレスープ屋
超有名で昼間は長蛇の列ができる
そこで我々は夜をねらって行った
フカヒレは日本では考えられない
程の太さと塊断片で、しかも安い
土鍋で出てくる熱々を堪能した
 
c0122685_20582330.jpg

 
c0122685_205939.jpg

「添發碗仔翅美食」
実家が海産乾物屋さんだとか
入口で店番していたお兄さん
 
 
この通りの少し先にも乾物屋が在り
同じくフカヒレスープが食べられる
ここでも店先で休息中のお兄さんが
 
c0122685_211504.jpg

 
 
 
福隆新街界隈にはよく通ったものだ
「煲仔飯のおじさん」始め皆さんに
感謝と共感を表し、マカオ編の締め
としたい 心より「謝謝」「謝謝」
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回も実際に現場で実感した事を頼りに、この文章を綴っております
その為明確な数字根拠等は持たず、乱暴表現も有ろうかと思いますが
旅でしか見えてこない部分を実感してきた「主観」とご理解ください

このブログ =My Filter a les coles Photography= のテーマは
主観:My Filter であれこれ:a les coles と感じ写真:Photograph
で表現したい、というところにあります
 
  
 
 
 
[PR]

# by photoartplan | 2017-06-26 08:58 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 06月 24日
インドシナ周遊の旅(22)マカオ(13)路線バスプチトリップ・マカオ大学
 
 
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅


「マカオ」 初めて訪れた地
ディープに実感したい興味津々の地

 
今回の旅のテーマは
・路線バスの活用
・食へのこだわり
等を通して市井の営みを実感する事

そこで
マカオ大学の学生食堂は半端無いお味で
しかもコスパ高い中華レストランだとか
そんな情報が入り何としても行くぞ、と

 
調べてみるとマカオ大は今は移転して
巨大キャンパスを持つ近代的な環境に
なっており、さすがカジノ始め観光立国
学食にしても単なる食堂ではないとか
何事も実体験という考えかも知れない

この国は世界トップの人口密度だけど
観光立国等々により一人当りGDPは
これまた世界トップで教育費は無料だ
ちなみに医療費も無料で最長寿国とか

 
さあ、そんなご自慢の学研都市と
その学食豪華レストランを拝みに
庶民の足、路線バスでタイパ島へ行こう

バスは「火船頭街」から中央の大橋を渡り
タイパ島の「氹仔官也街」迄、とりあえず
 
 
c0122685_16454066.jpg

 
c0122685_1648349.jpg

(M137)Rua Das Lorchas 火船頭街 ーーー>
(T320)Rua Do Cunha 氹仔官也街 迄のバス旅
 
c0122685_23562466.jpg

車内はこんな感じ
そして、氹仔官也街をちょっとだけ気ままにぶらりと

c0122685_23593735.jpg


c0122685_00233.jpg

生活の中で何処にでも数多く在るのが
この手の小さい廟、というか祭壇で
本当にいたる所で見かける
そして線香が絶えていない

c0122685_011054.jpg



そして、ここからマカオ大学までは
タイパ島から海底トンネルで中国本土へ
お目当ての学食レストランの位置情報が
無い為仕方なくタクシーで行く事にした
何せ超広大なキャンパスのようなので
案の定ドライバーさんも苦労しながら
捜してくれたが、チップを要求された

しかし、やっと着いてエントランスに
入ってみると、どうも様子がおかしい
レストランの中も超満席で、外まで
溢れて列ができ、椅子が並んでいて
順番に名前を書いた予約表があって

c0122685_095246.jpg


c0122685_0103161.jpg


事情を聞いてみると
卒業式と重なったようで・・・・
だいぶ悩んだけど致し方なく諦めた
非常に残念無念、ここまで来たのに
タクシーまで乗って・・・
バス停が真ん前だったので帰りはバス

c0122685_012382.jpg

 
c0122685_0123487.jpg


お腹も空き元に戻りポルトガル料理でも
しかし最も高くついた割りに感動も無い
やはり逃した獲物が尾を引いていた様だ

c0122685_0135723.jpg

 
c0122685_0153876.jpg


とりあえずお腹を満たして路線バストリップ
マカオ島への戻り経路はこちらをご参照の程

c0122685_0383176.jpg



中央の澳氹大橋を渡りマカオ半島へ
左手にマカオタワーが見えてくるが
もちろん我々は行かないへそ曲り
でも、この橋は歩いてみたかった
だけど距離は3km程はあるのかな
Governador Nobre de Carvalho Bridge

c0122685_0393792.jpg


c0122685_040881.jpg

 

路線バスでのプチトリップ
マカオ大学食レストランは逃したが 
おかげでタイパ島のおおよそ全体を
車窓から概観する事ができたようだ
良しとしよう
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回も実際に現場で実感した事を頼りに、この文章を綴っております
その為明確な数字根拠等は持たず、乱暴表現も有ろうかと思いますが
旅でしか見えてこない部分を実感してきた「主観」とご理解ください

このブログ =My Filter a les coles Photography= のテーマは
主観:My Filter であれこれ:a les coles と感じ写真:Photograph
で表現したい、というところにあります
 
 
 
   
 
 
[PR]

# by photoartplan | 2017-06-24 23:54 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)


2017年 06月 17日
インドシナ周遊の旅(21)マカオ(12)急坂・過密・融合
 
 
香港~マカオ~ハノイ~ニンビンと
南シナ海に面しインドシナ半島に南下する
3ヶ国、4街を巡る「けちけち」周遊の旅

「マカオ」 初めて訪れた地
ディープに実感したい興味津々の地


マカオ半島も香港に負けず劣らず
急坂が非常に多い街並と実感した
 
c0122685_16161527.jpg

 
c0122685_1617330.jpg


c0122685_16174579.jpg



c0122685_16182991.jpg


c0122685_1619457.jpg


c0122685_1620929.jpg


マカオの過密度も香港に劣らず
こちらは世界トップの人口密度

c0122685_1620518.jpg


c0122685_16212448.jpg


そしてポルトガル文化の名残り色濃く
中華文化と融合してきた様を実感する

c0122685_16215623.jpg


c0122685_16223211.jpg



c0122685_16225555.jpg


c0122685_16242979.jpg


c0122685_1625411.jpg

 
 
 
 
[PR]

# by photoartplan | 2017-06-17 16:53 | インドシナ周遊の旅 | Comments(0)